« 幻想水滸伝IV・再プレイ日記その10 | トップページ | 幻想水滸伝IV・再プレイ日記その12 »

2008年8月31日 (日)

幻想水滸伝IV・再プレイ日記その11

騎士団の館の外に出ると、そこには平和を取り戻したラズリルが。

町に行ってみたけど、特に会話に変化なし?次はどうやったら話が進むんだろう。

カタリナ副団長が休めって言ってたからもしかしたら自室で休むのか?

あ、休んだらお母さんの声が…。そうか、自室で休むが正解か。

お母さん…とひたってる間もなくフンギに食事を運ぶよう言われました。こっちは寝起きなんですが。
これ、団長の食事持ったままうろうろしてもいいのかなぁ。でもまあどうせ何も変わらないだろうからこのまま団長んとこ行こっと。

入れと言われて入りましたが、その背後にはスノウが…。

団長と副団長って仲良さそうですね。親子だと名乗れればよかったのに。

ほんわかした空気を破るように、また海賊がやってきちゃいましたよ。窓の外を暗い顔で見つめる団長。ナセル鳥全滅させられてんじゃん。かわいそうに、鳥さん。

出撃をって言われて外に出たら、団長が「しばらくの間誰もこの館には入れるな」と副団長に命令を。とうとう来たか、この時が。早くおいで、罰の紋章~。

スノウが慌てて今来たような様子で話しかけてきたけど、さっきからいたよね、きみ。棒読みっぽい喋り方が何とも愛おしいじゃありませんか。

ここでパーティメンバーが強制的にカオル・タル・ケネス・カタリナに。館の中に誰も入れるなと言われていましたが、セーブするために自室に入っちゃいました。カタリナさんも止めないのね。止めようよ。明らかな命令違反ですよ。
いつものごとく屋上まで行きましたけど、副団長は全く止める気配まるで無し。あのー、団長の命令は無視ですか副団長。とりあえず団長の部屋は鍵がかかっていて入れませんでした。

外に出てみたら、敵に完全に上陸されてますね。

戦闘始まったけど、タルの攻撃当たんねー。あんまり魔法は使わないんだけど、ここは副団長の魔法に頼ることにしましょう。魔法って使うと強いんだけど、なんかめんどくさくって使いたくないのですが…。あ、やっとタルの攻撃当たったよ。

鍵をかけて部屋に閉じこもっていた団長の左手が赤く妖しく光る。

敵は紋章砲を港に向けて撃つようです。

そこで屋上に昇った団長が罰の紋章を解放。この悲鳴みたいな音、ほんとに嫌な音。

攻めてきた海賊はまたもやダリオだったのか。無事でよかったね。

館に入らないようにとのカタリナ副団長の言葉をいただきました。後で逆らわせてもらいます。まずは皆に話しかけよーっと。

ケネスが「そういえば・・・スノウはどこだ?」との発言を。この時点ではどこにいるんだろう。

この時は町には行けないんだね、やっぱり。

というわけで館内に入ることにしましたが、スノウがついて来てるよー!

屋上にて苦しむ団長。そしてカオルの左手からは赤い光が。団長にかけよるスノウ。ここでとうとう4様に罰の紋章が宿ってしまいました。やっとか。ここまで来るのに長かったなぁ。色々寄り道してばっかだったからなんだけど。

黒いすすになって団長、消えちゃった…。さようなら団長。倒れるカオル。ここでスノウは、カオルが団長を殺したと発言するわけなんだけど。
カオルを陥れようとスノウが濡れ衣を着せたという可能性もなくはないけど、スノウは本気で4様が団長を…、って思ってるように見える。カオルのこと、まるっきり信じてなかったのかな?ここでスノウが4様を信じてたら話は始まりませんけどね。

紋章の世界の中ってヤな音。ここでラクジーの父を倒して楽にしてあげました。

とりあえずフィンガーフート伯とスノウとカタリナとのわけの分からん会話で、カオルが犯人と断定されてしまいました。なんでやねん。

とまあこの辺りの展開は強引ですが、そうでないと何といっても話が進まないのでここは罪を被っておきましょう。

ここでようやく4様お着替えです。ポーラとジュエルが「信じてる」と言ってくれて初回プレイ時にとても安心した記憶が甦ってきました。

カオルってあまり自分のこととか考えとか喋らないタイプだったんだろうな。「何考えてるのか分からない奴」って他人の目には映ってたのかもしれない。だからここで犯人扱いされても皆納得したのかもしれないなーなんて。

流刑の判決を下された4様。

この時点で早くもスノウが団長ということに決定してたんですね。もうこの時点で終わりじゃないっすか、海上騎士団は。

カタリナの独り言は重いねぇ。結局打ち明けられなかったんだもんな。

流されてひとりぼっちだと思っていた4様ことカオルの船に突如現れたタルとケネス。そしてチープー。初回プレイ時は、ひとりぼっちになっちゃったんだ…、って心細く思ってたところに現れてくれたので、2人の友情がとってもありがたかったのを覚えています。2人とも、生涯の親友だよ!

親友といえば、この後はスノウとはしばらく会えないのか…。寂しいよ~。さよならスノウ、また会う日まで。絶対仲間にしてやるからなー。

あ、今気付いたけど、しばらくセーブ出来ないのでは…。そりゃ困る~。でも仕方がないから続けよう。とほほ。とりあえずどっか進みゃいいんですかね。そのうちトロイに会えるんですよね。(不安気)

戦闘を二回ほどこなしたところでイベント発生。トロイの船だね!よかった、思ったより早かったよ!トロイの船ってセーブ出来たっけなぁ。

「商人らしくしろ」ってトロイがコルトンに言ってるけど、あんたもね…。

あ、しまった、トロイに話しかけたらイベント始まった!?大丈夫?大丈夫っぽい?
トロイったら結構ちゃんと商人を演じてますね。意外。

セーブポイントあった、よかった…。では商船を装ってる船の中でセーブ。

|

« 幻想水滸伝IV・再プレイ日記その10 | トップページ | 幻想水滸伝IV・再プレイ日記その12 »