« 幻想水滸伝IV・再プレイ日記その12 | トップページ | 幻想水滸伝IV・再プレイ日記その14 »

2008年9月 5日 (金)

幻想水滸伝IV・再プレイ日記その13

新作の幻想水滸伝ティアクライスって、いつ発売されるのかな。多分発売までに4の再プレイはクリア出来てないんだろうな。(笑)
まだこの後も、ラプソディア→5→1→2→外伝1→外伝2→3とやろうと思ってるんですがね。

 

さて無人島生活二日目スタートです。じゃ洞窟行こっと。
リーリン(でよかったっけ?)から本日分のアイテムも調達したことだし、ロープも集めたし、もう休みますか。
何故トロイがこんなとこにいたのかとケネスがつぶやく。しかも商人のフリしてたもんね。ありゃあやしいよね。

三日目のカオルの仕事はヤシの実集めです。あっさり集めて、さあタルに話しかけよう…としたらいきなり戦闘に。タル、そんな近くにいるんならこの変なヤシガニみたいなの倒すの手伝ってくれよ!

と、本日の人魚の貢物をいただきにいくのを忘れるところでした。
とりあえず人魚には信頼されたようです。もしかして今までのアイテムは、これあげるからいじめないで、って事だったんでしょうかね。

夜も明けていつの間にやら船も完成。人魚が海から現れたり、蟹と戦ったり、罰の紋章使ったり(コルトン相手にすでに使ってるんですがね)しました。ヌシ蟹と戦ってる時に子蟹に追いかけられてるチープーが見えるのが脱力させてくれていいですね。
戦闘終わって倒れるカオル。ここでまた罰の紋章の世界に。次は誰だろう…。

ああ…、あいつの息子か…。

こんな早い段階で出てきてたんだね。

と、しんみりしている場合ではなく、カオルが気を失っている間に皆でおいしく蟹を食べられてしまいました。だからラプソディアでは無人島に蟹を獲りに行っていたという、あのエピソードにつながるわけだね。

無人島を出発し、人魚と会話。名前はやっぱりリーリンでよかったみたい。ではリーリンの言葉に従って南へと出発ー。

途中、現れた殺人エイも難なく倒したぜ!その代わりオールを失っちゃったけどね。でも大丈夫さ、フレアが助けてくれるから。

長い間漂流したみたいで、4人とももうぐったりです。カオルの立場でものを考えてみると、ついてきてくれた2人に申し訳ないよなー。(勝手に乗り込んできたチープーは除く)

とか言ってる間にほら、船が現れた。ようやくフレア登場ですね。この2人、姉弟なんだよねー。
ある日、オベル王国より失われた紋章が、王子の手に宿ってこうして帰ってきたというのに、誰も王子とは気付かないんだね。あとで会う王ですら。

フレアに話しかけたあとに兵に話しかけたら、「フレア様には近づくなよ」と言われてしまいました。今、思いっきり近づいた後だったんですが。

オベルに到着。
何故か王宮までは案内してもらえず、探索タイムとなりました。何気なーく樽を調べたら宝の地図発見。宝の地図はこれまでに取りこぼしがありそう。

ここの鑑定屋は仲間になる奴だな。よーし、覚えとこう。じゃ、また後でね。何故か外に突っ立ってるユウも発見。あなたも後で。トリスタンもいたし(会えなかったけど)、ここで仲間になるキャラって結構多かったんだな。
鍛冶屋で武器を鍛えておこうっと。セーブもしときたいんだけど、もしかして宿屋は泊まらないとセーブ出来ないんだろうか。

王宮前にはリノ王が。あなたが王だってことはこちとらお見通しなんですよ。何故ならこれが4回目のプレイだからです。
王宮内でセツに会って、王の間みたいな所に通されたけど、王さんさっきまで外にいらっしゃいませんでしたか?いつの間に中に入ったんだか、この方は。

セツがカオルのことを「素性も分からぬ者」と言うてますが、その人、この国の王子さんですよ。

まずは泊まる所まで行くことに。泊まる所っていうかのちの本拠地ですね。はい、参りましょう。ここってエンカウント発生するんじゃなかったかなー…。あ、大丈夫だった。

洞窟内の本拠地に到着。すでにルイーズもいたのね。そしていきなり出たメッセージがこれ。

 

『トーブが仲間になった!』

『ルイーズが仲間になった!』

『シャドリが仲間になった!』

 

………………………うち二人、誰やねん。(知ってるけど)

こんなに唐突でしたっけ?もうよく覚えとらんのですが、こんなんだったかなぁ…。

ともかく、ここで人集めを任されることになりました。さあ、これからが本番だ!

その前にセーブしたいので、ケネスの言うとおり人探しやら遺跡探索は明日からにします。自分の部屋が分からなくてちょっとうろうろしたけど、何とかたどりつきセーブ。ふう。今日はここまで。

|

« 幻想水滸伝IV・再プレイ日記その12 | トップページ | 幻想水滸伝IV・再プレイ日記その14 »