« 幻想水滸伝IV・再プレイ日記その22 | トップページ | 幻想水滸伝IV・再プレイ日記その24 »

2008年9月29日 (月)

幻想水滸伝IV・再プレイ日記その23

自室で目覚めてサロンの方へ向かうと、罰の紋章にびびっているアカギが皆に意見を求めてました。この小心者めー。でもそんなとこが愛い奴よ。

「人生などしょせん、途中で終わるものだ」ってミズキちゃん・・・。その発言重いわ・・・。ぼっちゃんの人生も途中で終わるのかなぁ。せめて幸せに終わるといいよね、皆。

そういやさっきまでタルもケネスもチープーも僕の部屋にいたのに、何で先にサロン行ってんだ、お前ら~。

パーティメンバーは、カオル・ミズキ・ケネス・ミツバとサポートはリキエで今回はいってみましょう。でもまあ組んだ途端に次の展開に入ってしまって、このメンバー編成は意味なかったね~なんて事になるかもしれないけど。

外に出たらマニュがいねー。また後で会えて仲間になるよね?ね?

ちょっと進んだだけでイベント発生ですよ。なんだろ。

ああ~ミズキちゃん、多分武器レベル1なんだ。むささび程度にほとんどダメージ与えられてないよ~。

王宮に向かおうと思ってたのに、兵に一旦戻れって言われたよ。しょうがないなぁ、分かったよ、戻りますよ…。だからマニュもいなくなってたのか。

というわけで本拠地に逆戻り。サロンに誰もいないじゃーん。ということはあれか、作戦室か。

リノもフレアも作戦室に全員集合。えー、これ船だったんだ、気付かなかったよー、…とわざとらしく言ってみる。

ここで人集めですね。ようし、医者も連れてくるんだね。医者っていえばもちろんあいつだな。

外に出たらトロイの場面に変わりました。トロイ、冷静だね。

王宮内には誰もいないみたいだから町に行くか。ノアもまだ玉座の後ろにいないみたいだし。ノアはあれかな、一旦オベルを奪われた後に再びオベルを取り返してから現れるのかな。まあ気長に待つとしましょうか。

ゲイリーとエマ夫妻は今は仲間にならないのは覚えてるけど、一応話しかけはしておかないとね。

町の人を集めている間に、紋章砲の準備をしている仲間のムービーが…。紋章砲ってこの時は特に何も感じてなかったけど、ラプソディアをプレイした後だと、何とも寒いものが…。療養中のキリルはどうしてんだろ。

へー、ここでアドリアンヌが仲間になるんだ。よく来て下さいました!どのタイミングで仲間になるかなんてすっかり忘れておりましたわい。そしてユウもいらっしゃ~い。

フレアにもう戻るよう言われたことだし、それじゃあそろそろ戻るとするか…。

ひとつ気になることがあるんだけど、今、遺跡に行ってもトラヴィスいないのかな?仲間になるんだったら今仲間にしておきたいんだけど。

まあいいや、仮に今いたとしても、どうせオベルを取り戻した時にもチャンスはあるんだから後回しにしても大丈夫でしょ。それにノアもいないんだし、トラヴィスもいないよ、きっと。

本拠地に戻る途中でフレアがオベルに残る決意をして去っていきました。また…、また必ず会おうね、姉さん…!

ここでセーブ。今日は思ったより長くなっちゃったな。

|

« 幻想水滸伝IV・再プレイ日記その22 | トップページ | 幻想水滸伝IV・再プレイ日記その24 »