« 幻想水滸伝IV・再プレイ日記その25 | トップページ | 幻想水滸伝IV・再プレイ日記その27 »

2008年10月 4日 (土)

幻想水滸伝IV・再プレイ日記その26

次はどうすんだろう。とりあえずオベルに向かってみるか。

あ、そうだ、せっかくミズキちゃんをパーティに入れてるんだからアカギも入れて協力攻撃出来るようにしようっと。

ということは誰か外さないとな。キカはカオルとの協力攻撃があるし、とすると・・・、ミツバしか外せないじゃん。あれだけパーティに入れときたいなんてほざいてたくせに。早いな私。

まあどうせアカギもすぐに外すことになるんだろうけどね。(笑)

おおっ、カオルとキカの双剣攻撃が出来るようになったぞ、よっしゃあっ!早速使ってみよ~っと。あ、忍者攻撃も使えるようになった!わーい♪

あ、やっぱりオベルには入れないんだ。じゃあどうすりゃいいのかな。時間経過を待つか、海賊島を一旦出たあと戻るか、仲間の数を増やすかしたら、話が進むんだと思うけど・・・。

よし、幻水なんだからここは仲間を増やしてみるか!それで時間も経過するし、その後海賊島に戻りゃあ、三つとも条件を満たしたことになるしな。

モルド島には誰もいなさそう。ここはあの三兄妹くらいしか仲間にならなかったっけか。

無人島には行けるようになってんのかな。行ってみるか。

うわー!でかい蟹出たっっ!!何これ?エリアボス??いや続けて出てきたからエリアボスでもないな。固いし倒すの時間かかるわこりゃ。

蟹を二匹ほど倒したところで無人島到着。おお懐かしの無人島よ。亀さん元気ー?

さてここで仲間になる奴といえば風呂職人だな。いるかな。おおっ、いたーっ!タイスケゲット!

お次はネイ島に。村長から戦うことを拒まれてしまいました。そりゃイヤに決まってるわな。

次はネコボルトの集落だけど、その前にセーブ。

|

« 幻想水滸伝IV・再プレイ日記その25 | トップページ | 幻想水滸伝IV・再プレイ日記その27 »