« 幻想水滸伝IV・再プレイ日記その27 | トップページ | 幻想水滸伝IV・再プレイ日記その29 »

2008年10月 6日 (月)

幻想水滸伝IV・再プレイ日記その28

自室から再開。

部屋を出ようとしたらトーブがまた話しかけてきた。ということはミントだな!

「・・・きみ・・・だ~れ~・・・?」ってお前が誰じゃ。ともかくナオゲットだ。着々と仲間が増えていってる。嬉しいことだ。

さて、次はどうしよう。ラズリルとかは今は行けないだろうし。ミドルポートも無理かな。

まあいいや。ミドルポート目指してみよう。・・・ああ~やっぱり島には入れなかったか。

じゃあひとまず海賊島にでも戻りますか。これで話が進むといいんだけど・・・。

とか言いつつ石灰棚の島に行ってる奴は誰だ。特に何も無いかもしれないけど行っておきたかったんだもん。

ここって上まであがるのめんどくさい~。これで上に何もなかった恨んでやる~。

あ、一応宝の地図ありました。よかった。それじゃあ船に戻ろう。もちろんまたたきの手鏡でね。

海に出ている間にガイエンの海上騎士団の人が流れ着いてきたらしい・・・。それってカタリナさんじゃ~ん!

あれ?キカ姉、今まで一緒に戦ってくれてたのにいつの間に部屋に?

ここでカタリナの口から、ラズリルがクールークに占領されたことが告げられる。そしてスノウがラズリルをクールークに売ったとも。

スノウ、今はクールークの海賊討伐隊長なんだ!敵国で出世したね!(笑)

ここでエレノアの名前がようやく出てきた。まだ軍師もいなかったんだなぁ、うちって。

フィルはまだ仲間の数に不満があるもよう。おのれ待っておれ。

ここでセーブ。

|

« 幻想水滸伝IV・再プレイ日記その27 | トップページ | 幻想水滸伝IV・再プレイ日記その29 »