« 幻想水滸伝IV・再プレイ日記その34 | トップページ | 幻想水滸伝IV・再プレイ日記その36 »

2008年10月14日 (火)

幻想水滸伝IV・再プレイ日記その35

騎士団の館の方に来たけど、ここはもう騎士団の館じゃなくなっちゃってるんだね。なんだか一抹の寂しさが。

おお、久々の我が部屋よ・・・。などと感慨にふけってる場合じゃない。フンギがいないぞどうした?ここですぐ仲間になってくれると思ってたのにー。

団長の部屋は鍵がかかったまま、か。団長、安らかに・・・。

アメリアもまだいねー。いると思った宿星がいないだなんて~。

しょうがないので訓練所に集合して、と。

「みんな!共にクールークとたたかおう!」と高らかに宣言して皆の心が一致団結したあと、フィンガーフート伯が!

伯!久しぶりですね!お元気でいらっしゃいましたか! あ、あなたの部下と戦うんですね!わっかりました!

 

…というわけで一ひねりしてやりました。

 

いえ、伯、この土地を買おうなんて気はさらさら無いのです。それよりもスノウはどうしてるんでしょう?ああ!去るんならスノウの行方を教えてから去って下さいよ!

という心の中でのカオルの発言もむなしく、逃げてゆく伯。この人はこの後、何処へ行ってしまったんだろうか。

 

ここでクールークの場面に変更。ここですでに総督の姿はなくなっていたようだ。トロイはさすがにクレイの話を全面的には信じてないか。総督なら多分地下牢にいると思いますよ。

 

場面戻って夕刻のラズリルに。今こそフンギもアメリアもいるかもしれない!

やったー!フンギいた!でもアメリアはいないんだ。がっくし。
その代わり、昼間はなかった宝箱がある・・・。もちろん中身はいただいていきますが。

夕刻のラズリルってそれまでは無かった宝箱が三つも出現するのか。新しいハンマーもゲットだ~♪

騎士団の皆と夕焼けを見つめての会話発生。しみじみするね。

カタリナさんの決意もね・・・。

 

えーと、あとはどうすればいいんだろ。船に戻ろうにもラクジーいないし。館の自室に戻って一旦休んだけど、朝を迎えただけだし・・・。

あ、またたきの手鏡使えばよかったのか。

 

船に戻った途端に海賊が襲来。ここで海賊が来たら、そらもうあの人でしょ!

勝利条件が『海賊スノウを撃破せよ!』ですか!そらもう喜んで!(※スノウ大好きです)

スノウの船1隻を、3隻でよってたかって攻撃しまくって勝利。実際には2隻しか攻撃しなかったけど。だってカタリナさんの水紋章砲の威力、凄いんだもん。あっと言う間だったよ。

 

スノウに会えたのも久しぶりだね~。いやだから三つ目の選択肢は選べないってば!
もういいじゃないか、素直に仲間になってくれよ、スノウ~~~。船で流すなんてしたくないのに~~~~。うう・・・、次は丸太の上だね。必ず・・・、必ず見つけに行くからね!

 

と、スノウとの辛い別れをした後はカタリナをメンバーに入れてコンラッドがめでたく仲間入り。アメリアも見つけて仲間に誘えたぞ、よっしゃあ!フレデリカも今度は仲間になってくれたし。ネイ島に行ってガレスも仲間に!一気に仲間増えたな~。

でもシャルルマーニュはまだなんすね・・・。

ところでこの前から気になってたんだけど、漁師ってどうやって仲間にするんだったっけ。全然記憶に無いんだよな~。

 

|

« 幻想水滸伝IV・再プレイ日記その34 | トップページ | 幻想水滸伝IV・再プレイ日記その36 »