« 幻想水滸伝IV・再プレイ日記その37 | トップページ | 幻想水滸伝IV・再プレイ日記その39 »

2008年10月17日 (金)

幻想水滸伝IV・再プレイ日記その38

本日、ゲーム開始してまず一番にすること。

そりゃもちろんテッドの部屋を訪れることだね!!

つれなくあしらわれたけど、ひとまず満足。このためにわざわざパーティメンバーから一旦外したんだから。(笑)

ついでにアルドにも話しかけておこう。こいつも次からレギュラー決定だな。

今回から固定メンバーは、キカ、テッド、アルド、サポートに誰かヒーリングで決定。

あー、でも武器レベル上げる金がないや。紋章売ったりとかしてテッドは何とか15まで上げられたけど。

 

じゃあ海賊島行きますか。

何でカオルだけ離れたとこに座ってんだろ。使用人癖が出ちゃうのか?少し離れた所で控えてます的な。

ここで金印をリノに返すことに。大丈夫かな。金印返すまでが仲間入り条件の宿星っていなかったかという不安が…。

 

所変わってエルイールの地下牢に忍び込んだラマダのシーンに。総督はやっぱり捕われてるね。

 

さ、次はオベルを取り戻すんだったな。張り切って行くかー。

海賊島からは遠いから、一旦ドーナッツ島まで飛んでからいくか。ドーナッツ島といえば、ルネを思い出してしまう。ルネはどうやって仲間になるんだったか…。

オベル到着。あまり金は稼げなかったか、くっそー。

えーと、海戦が始まるんですね?で、船を二手に分けるの?どう分けりゃいいんだろ。

かなり適当に船編成を済ませたけど、これでいいんだろうか…。

なーんだ、海戦前にも自分側のは編成し直せるんじゃん。じゃあやり直して、と。あっさり勝利。

敵機艦の艦長って…、ああやっぱりコルトンか。

エレノアってあんまり軍師らしいことしてない記憶があったけど、一応策らしきものはここではやってたんだ。でないと軍師がいる意味ないもんな。

 

これでオベルが取り戻せたかと思ったら、また敵が出現。ちょっと待ってもらってセーブしようっと。

|

« 幻想水滸伝IV・再プレイ日記その37 | トップページ | 幻想水滸伝IV・再プレイ日記その39 »