« 幻想水滸伝IV・再プレイ日記その44 | トップページ | 幻想水滸伝IV・再プレイ日記その46 »

2008年10月24日 (金)

幻想水滸伝IV・再プレイ日記その45

最終決戦前夜です。ではベッドに向かいます。レックナートにも来てもらわないといけないし。

 

ほうら現れた、レックナート。待ってました!

次からは罰の紋章を使っても体力削られなくなるんだね。これでやっと思う存分使えるよー。これまでは結構ビビリながら使ってたから本気で嬉しい。(笑)

 

「あなたがそれを手放すことがあれば、また人の命を刈り取って、この世界を彷徨っていくことでしょう」

ということは、4様はこれからずっと罰の紋章と共に永久に生き続けていくことを強いられてしまったわけか。

でも4様なら大丈夫そうな気がする。またいつか幻水シリーズに出てきて欲しいな。

 

さて、目覚めたので部屋を出ましょう。

あれ?作戦室行っても誰もいないや。ということは甲板か。おおー、始まった始まった。

 

では別働隊出動!ターニャもアグネスも可哀そうだな~。もう二度とエレノアには会えないんだから。エレノア…、戻ってきて欲しかったよ…。

新紋章砲を偽艦隊にぶっ放させた後は海戦に。最後の海戦だ!よし行くぞ!

 

あ、しまったー、ジーンいないんじゃーん。強力な紋章砲手が!
でもまあいい、強力なテッドとビッキーとそれなりに強力なスノウ入れてやれ。

うわー、迎撃時のスノウの「む、むかえうて」が可愛すぎるわ。

あ、白兵戦に持ち込まれちゃった。アカギとミズキが頑張ってくれてなんとか辛勝。

えー、2回連続白兵戦?ああ、全滅しちゃった…。

うーん、これはやばいな。失敗してるよ。船二隻も沈められちゃってる~。

あああ、海戦で負けた…。『あきらめない』でやり直しだ!

 

やり直しても白兵戦で攻めてこられるー!
こいつら白兵戦好きだなー。こっちも白兵戦でやり返してやったけど。テッドとアルドの弓矢攻撃をくらわせてやったぜ。へへん。

よーし、今度こそ勝利!

 

勝利したとたんに別働隊に変更。あ、これってしばらくセーブ出来ないんじゃあ…。

仕方ない、さっさと終わらせるか。
宝箱開けるの忘れて中に入っちゃったけど、まあいいや。

みんなレベル99まで上げてあるから一閃で片がついてしまうのが何ともつまんないけど、今は急いでるから、むしろありがたい。(笑)

地下でやみのマントと英雄の兜を手に入れて、と。

ここの光もさ強いなー。倒したけど。

 

制御室とうちゃーく。クレイとエレノアの会話は、クレイが素直に自分の過去を話していれば、こんなにいがみ合うようなことにはならなかったろうにと思うと、何とも気が重いやら。

あ、ラマダ生きてたよね、やっぱり。
ここで倒れたけど、これでもたしかまだ生きてたよね。
いつかは世界一の長寿になりそうだ、この人。

ここでクレイとの戦闘に。

あれ?今気付いたけど、このパーティ、回復役いないや。ジーンに水の紋章宿させるつもりだったのに忘れてた。
でも余裕で勝てたからいいか。さすがレベル99の群れ。

 

エレノアが制御室で細工して、次は本隊出動ですね。よっしゃ!…と言いたいところだけど、今日は疲れたからもうやめたい~。

パーティ編成は、カオル・スノウ・テッド・ビッキー、サポートにユウにして、と。ビッキーをIVで連れて行くのって初めてだなぁ。

アグネスに話しかけたら船に戻れるのかと思いきや、パーティ編成だけですかい。じゃあ今日はこのまま突っ走るしかないというわけか!なんてこった!

たしかボス部屋の手前でセーブポイントあったと思うけど、そこまでめちゃくちゃ遠かったよなぁ…。

いやこんなとこでくじけてる場合じゃない!早く進めよう。

さっきの制御室の隣の部屋の机の上に鍵を発見。これで何処開けるんだっけ?二階に扉があったからそれかな。

えーい、さっきからクールーク兵、うっとうしいわ!どうせお前らの国は数年後には滅びてるんじゃ!

あれ?この扉じゃないんだ。じゃあどこー?

逆か!部屋みたいな所に扉あった!

よし!次は長い長い階段上がっていくんだな!頑張るぞー!これを上がりきりさえすれば、セーブポイントがあるんだ!

階段が朽ちてきたな。そろそろか?

 

ついたーーー!!(喜)

よかった…、じゃあここでセーブ。次はとうとうラスボス戦だ!

|

« 幻想水滸伝IV・再プレイ日記その44 | トップページ | 幻想水滸伝IV・再プレイ日記その46 »