« Rhapsodia・再プレイ日記その2 | トップページ | Rhapsodia・再プレイ日記その4 »

2008年10月29日 (水)

Rhapsodia・再プレイ日記その3

本日のスタート画面は流水の間から開始となりました。

次は確か船上でのシグルドとの対戦が待っているはず。おのれ待っておれシグルド!(特に恨みはないが)

あ、その前にスキル見とかなきゃ。
アンダルクは何も装備してないじゃん。再移動は絶対こいつには装備させておこう。あとは…、スウィングと命中でいっとくか。まだ紋章使用回数が少ないから肉弾戦仕様にしとかないと。
セネカは狙撃とスウィングが元からあるから、これに再移動を足しておこう。

ここで一旦セーブしておいて、と。

 

ようし、出発!

 

はい、早速来ました。シグルド兄さんです。海賊よりタチが悪いらしいです。さすがはシグルド兄さん!悪名高いね!真面目な奴なのに。

そんなこんなで『ミドルポート沖』の戦闘開始。
今までのふさふさ戦とは違って、本格的な初戦となる戦い。負けられない!シグルドには!(恨みは全くないんだけどね)

左っ側のあんな遠いとこに宝箱あるじゃーーん!あんなとこまで取りに行けってか!?気のいいのでもあらくれでものんだくれでも何でもいいから、近くの海賊さん行ってくんないかな?
でも奴らは動かせないのだ。しかも気付いたら勝手に離脱してたりするから気が抜けない。

とりあえず宝箱の回収と海賊どもの回復は父さんに任せて、下っ端は皆で倒して、誰も離脱することなく最後はアンダルクの雷紋章でシグルド昇天。(死んでない)
よしっ、勝利!

あ、でもシグルドの後ろの宝箱開けるの忘れてた…。
まあいいや、序盤だから大したもんは入ってないだろ。

おおー、さすがにSランクだ!

クリアランクボーナス貰えたのは嬉しいけど、心の友の船首像って何だろ?(笑)

「来い!ハーヴェイ!一対一だ!ケリをつけてやる!」、って…、アンダルクの雷攻撃でもうボロボロなんじゃないのか?やめとけやめとけ。

セネカの発言っていつも的を射ていて好きだなぁ。この作品の中での一番のヒットキャラクターって絶対セネカだな。

 

そこへ唐突にスティール登場。

アンダルクが逃げようっつってんのに、スティールの船をただひたすら見つめる父さん。その甲板にはあの魚眼が…。

これはやばいって時に勇壮な曲とともにエドガー、キカ、ブランドが登場。
かっこいいじゃないか、あんたら!

この3人がやがて離れ離れになってしまうんだなぁ…。やがてって言ってももうすぐだけど。

 

ここでキャラバンに入ったのでセーブ。

|

« Rhapsodia・再プレイ日記その2 | トップページ | Rhapsodia・再プレイ日記その4 »