« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月15日 (土)

Rhapsodia・再プレイ日記その16

本日のスタート画面はラズリル。4様の育った地だからかな。何だかここが出るとほっとする。

 

せっかくだからミドルポートに寄ってってクエストをいくつかやっちゃおう。

ラインバッハの仲間イベント見っけ。このクエストこなしたら仲間になるんだな、よし!

ついでに『館の大掃除』にトリスタンを、『猫を探してください」にキャリーを派遣。二人とも、頑張ってくるんだぞ~。

宿屋のラインバッハに聞いてもただ嘆いてるだけって…。何かヒントくれよ。こっちはお前の胸飾りを探してやるんだからよ。
とこちらが嘆いてたら、町の女性が塩を求めているではないか!なんかの時にいるんじゃないかと買っておいた塩があったので渡したら、代わりにせっけんをくれました。やった!これでセイラが仲間になるよ!(ちがうちがう)

えーと、とにかくわらしべってけばいいんだね。
ラズリルに来たら黒蝶貝を求めてる男がいるよ。しかしまずはせっけんを求める人物を探さねば!

ぎゃあー!ラズリルの男の子が貴重な情報を教えてくれたー!フィンガーフートさんちのお兄ちゃんが裏通りでふさふさ退治のお仕事してたんだって!!こりゃ行かなきゃね!
そうだよ、カオル仲間にしたからスノウも仲間に出来るんだよ!こんな大事なこと忘れてただなんて…っ!

というわけでスノウのふさふさ退治のお手伝い開始!
スノウはレベル9か。じゃあほっといても大丈夫かな。
でもスノウって仲間になる時はレベル1じゃなかったっけ?
あー、大したことやってないのにランクS取っちゃった。でもボーナス無しなの?せめて何か頂戴よ~。

ともかくこれでスノウが仲間になったぞ、やったあ!

次は海賊島に行ったらシグルドとハーヴェイが仲間になった。ようこそ2人とも!前回はダリオとナレオが先だったなぁ。

次はオベルに。いたぞ、せっけん求める人が!せんたくおばさんにせっけんを渡したら黒蝶貝をくれたので、次は急いでラズリルへ。

黒蝶貝を渡したら、今度は光るたま貰っちゃった。なんだ?コボルトんとこでも行けってか?

う~ん、行き詰まった。もしかしたらクールークに行かなきゃいけないんだろうか。

また明日にするか。というわけでセーブ。

|

2008年11月14日 (金)

Rhapsodia・再プレイ日記その15

本日のスタート画面は久々に見るような気がするよな休憩場所から。

 

今日になって気付いた。4様ってもう仲間になるんじゃないかということに。

うわー、しまった!早いとこオベル行かんと!リノからカオルの話聞いて、よし次は無人島だ!

無人島に行ったらチープーが「商売が起動に乗ってきた」って嬉しそうに話しかけてきた。それ、僕らのおかげだよ。

それじゃあ海岸へカオルを迎えに行くぞー!

今度から交代が使えるようになったとのメッセージが。おお、それはありがたい。交代が出来ると色々助かるからね。

さーて、メンバーは誰にしようかな~。大分増えてきたから結構メンバー選択に困ってきたな。

罰の紋章バンバン使うカオル。そんな蟹はあまり食いたくないな~、などと思いつつ戦いに勝利!
ランクのことすっかり忘れてたからAだった。でもまあいいや。ボーナスはまたチープー商会会員証らしいから。(笑)

これで4様もゲットー♪

 

新しい仲間の装備を揃えて、スキルも装備させて、チープーのところで玉を補充してたら、いつの間にやら結構な時間が過ぎてたので、今日はここまで~。

|

2008年11月10日 (月)

Rhapsodia・再プレイ日記その14

本日のスタート画面は海賊島から。海賊島多くない?

 

さてエルイールに戻ると、魚を調教しているロジェを発見。出来ることなら気付かなかったふりしてこのまま通り過ぎたいものだ。彼のためにも。(笑)

というわけにもいかず戦闘開始とあいなりました。

魚人間、多いなー。キリルがとどめ刺せないからちょっと困るんですが…。

時間はかかったけどランクS取得。よしっ!

ランクボーナスの『老人の像』って、IVに出てきたエルイールの新兵器のやつか?でかいよ、それ。持って歩けないよ。

そしてそこに現れたのは、イスカーーース!!!いやだからそいつラスボスだってば!!

イスカスが言うには、カレルロンにクールークの研究所があって、クールークの紋章兵器が集められているんだって。
ということは次はカレルロンへ行けばいいんだね。

次に現れたのはミズキとアカギの2人。
リノの伝言は、すぐに援軍を送るのは自分の一存では決められないというもの。
あちゃー、大きな組織の欠点だね。昔のリノならそんなん構わずに援軍送ってたろうにね~。

ここで一気に仲間が増えたけど、今回は『~が仲間になった』は無しなの?

 

『カレルロンへ』

あ、ここで新入りの紹介とくるわけか。
ミツバのカモのジェレミーと、露出度高いミレイ、使いどころが難しいキャリーに、前回プレイ時にはあまり使うことのなかったアクセル、ツノウマに乗れるありがたいアメリア、速が高く移動力もあるウェンデル、めちゃ強くて前回プレイ時に役立ってくれたグレッチェンといった面々が仲間に。

ってとこでセーブ。

|

2008年11月 9日 (日)

Rhapsodia・再プレイ日記その13

本日のスタート画面は海賊島でした。

次はどうすればいいのかな~、…っと、『港へ』ってのがあるからこれだな。きっとコルセリア母子が出てくるんだろう。

うわぁ、ノールだ…。

ノールを助けるために、いかにも悪人な男と戦うことに。キリルってまっすぐな子だなぁ。このまっすぐさが好きだけど、仕えてる方はさぞかし気苦労が多かろうて。でもアンダルクも輪をかけてまたまっすぐな奴だからなぁ。

えーっと、仲間がずいぶん離れてんな。これって船が動くやつだっけ?まあいいやとにかくあの商人やっちゃおう。

ランクS!よっしゃあ!

でもボーナスの『商人の羽帽子』ってあいつのか!これまたいらね~!

逃げていく商人は羽帽子かぶったままだったから、じゃあこれはスペアだったのかな。何にしてもいらんもんはいらんけど。

町の少女のふりをしたコルセリアとはこれでお別れ。お母さんともね。…あ!待って下さい!あなたの首飾り…!ああ、もう行っちゃったか…。じゃあこれは遠慮なく自分のものにしてしまおう。

ここでツノウマをゲット。これあると助かるんだよね~。ありがと、ノール。

でもキリルと別れた後に、あやしい商人に声かけられてついていっちゃった。次に会う時は………。いやあとの事は気にすまい。

 

次は何処に行けばいいのかなぁ…、と町を出たら会話が発生。

アンダルクに母親のことを尋ねるキリル。さっきのコルセリアたちを見て母親のことが気になったらしい。母親はすぐそばにいますよー。

母親が恋しいのかな。「みんながいるからいいや」っていうキリルに対して、母親代わりじゃなくて、姉代わりなら構わないというセネカ。どっちでもいいじゃないか、そんなの。(笑)

ってセネカに対してつっこんでたら、

「で、でも私は男ですから、その、母親がわりというのは・・・!」

アンダルク!あんた面白すぎるわ!キリルはそういう意味で言ったんじゃないだろ、2人とも!(爆笑)

 

『再会』

エルイールに戻ろうかというので戻らなければいけないんだけど、また戦闘が始まりそうな気がするので、今日はここでセーブ。

|

2008年11月 8日 (土)

Rhapsodia・再プレイ日記その12

本日のスタート画面は流水の間でした。

さてメルセトに向かいましょう。

っていっても絶対この手前で何か起こって止められるよね。

ほら、止められた。

ああ、あれか。ミランダの荷物スッたやつらか。首飾りくらいしかいいもの入ってなくて残念だったね。しかし、こいつらの会話、無駄に長いな。

ごろつきが向かってきたので、次は暗転してアンダルク辺りが「口ほどにもない奴らでしたね」って言って終わるのかと思いきや、普通に戦闘が始まりました。よっし!おいでカモ達!

カモ達には、ここまで全く戦闘に参加させずにレベル1のままだったリタのレベル上げに大変役立っていただきました。どうもありがとう。

よっしゃ、ランクSとったー!

ボーナスは豪華な首飾りか。……って、それミランダのじゃないのかっ!?もらっちゃっていいんすか!??

まあ貰えるものは貰っておこうか、ね。

 

このイベント済んだら、モンスター退治が出来るようになったとのこと。レベル上げに役立たせていただきます。

メルセトに到着。

武器レベルが上げられるようなので、今いる全員の武器をレベル4に上げて、と。

群島との戦いを知らない人もいるんだなぁ。あれはクレイと総督の独断でやったことだったんだな。これじゃあトロイが報われないよ。多分歴史上に大きく名前が残ることもないんだろうね。海神の申し子とも言われた人だったのに。

ここでセーブ。

|

2008年11月 7日 (金)

Rhapsodia・再プレイ日記その11

本日のスタート画面は海賊島……だったと思います。たしか。

ミドルポートに行ってギルドの依頼を何件か受けて、無人島にも行けるようになりました。

ルネの依頼も受けてSランク獲得!よっしゃ!でもボーナスがチープー商会会員証って、いらね~!(笑)

あとはパブロとマキシンも仲間に。マキシン仲間時にキリルがわけが分かってなくて「???」状態なのが個人的にツボだった。

ミドルポートの宿屋にラインバッハがいるんだよなぁ。薔薇の胸飾りを持ってきたらいいみたいだから、どっかに売ってるんだろうか?今回は宝箱は結構無視しまくってるから、宝箱に入ってるとかだったら手に入る確立低いからやばいかも。

 

受けられるクエストもあらたか受けたようなので、話を進めるためにエルイールへGO!

エルイールに到着した途端にヨーンが何かに気付いた様子。キリルが言うには、ここに紋章砲があって、それにヨーンが反応してるとのこと。ヨーンにそんな能力があったんだ…。そしてそれを普通に知ってたのか、キリル達は。

ここでクールークの兵士とそれを仕切っている奴がいるのだが…。

な~んだ、親玉はバスクか(笑)。じゃあちゃっちゃと倒しちゃおうかね。

 

くっそー!Aだったか!

もう一回やり直してもAだった!悔しい!

もういいや、めんどくさいからこのまま進めよう。

とにかく敵さんはエルイールに再び紋章砲を設置しているようです。なのでミズキとアカギはそれをリノに報告することに。2人ともしばらくお別れか…。移動力に長けている2人が去るのは心細いよ~。

 

『運河の町メルセト』

さてミズキとアカギが援軍を連れてくる間にキリルは時間つぶしのためにクールークの町を見て行こうと言って、メルセトに向かうことになりました。

ここでセーブ。

|

2008年11月 6日 (木)

Rhapsodia・再プレイ日記その10

本日のスタート画面はハルナでした。こうやって見てみると、この町って怖いとこに建ってるんだなぁ。めちゃくちゃ高いよ。

次はオベルに向けて出発。
ミドルポートのギルドにも寄りたいけど、今は我慢してまずは話を進めようじゃないか。

リノが言うには停戦状態中のオベルの王が動くのはまずいとのこと。なので、クールークの動きについて調べる役目にキリルが立候補。

キカが「古くからの知り合い」って言ってくれなかったら、リノもキリルには任せなかったろうね。
ともかくキリルがこっそりクールークのことについて調べることになったのね。

わーい、キカとミズキとアカギが仲間になった!IVでも結構重要な役どころを担ってたキャラだから、仲間になったのがすっごく嬉しいー!

 

ここで上官らしき男とロジェの会話が挿入。上官らしき男って、思いっきりイスカスじゃん。声でバレバレですよ、上官。(笑)

 

 

『戦いの跡地』

道具屋をひやかして、鍛冶屋でアドリアンヌにリタ以外の武器レベル3をにしてもらって、紋章屋ひやかして、噂話聞いて、ひとまずセーブ。
リタはまだ戻ってきてないんだね。あのクエストって何日かかるんだろ。もしかしてギルドに行かないと戻ってきてくれなかったっけ?前回はそんなの全然気にしてなかったけど。

出発しようとしたら、フレアが強引に仲間になってきたよ。いいのか、王の娘が。…って言ってもフレアだからしゃあないか。

トリスタンも何故か仲間に。でもこいつが来てくれるのはありがたい。前回も結構役に立ってくれたから。

うーわっ、一気に行けるとこ増えた!ネイもナ・ナルもイルヤも行き放題か。でもその前にミドルポート行っとこう。

噂話にパブロに名前があるじゃないか。これで仲間になるのかな?……仲間になってくれたみたい。よかった。それにしてもあの後、何処に行ってたんかね、この人は。

ギルドの仕事、一気に増えてんな~。どれ選ぼうってとこだ。今はちょっと保留にしておいてここでセーブしよう。

|

2008年11月 5日 (水)

Rhapsodia・再プレイ日記その9

本日のスタート画面は海賊島から。

 

ギルドに寄ってみたけど相変わらず他の依頼は受けられそうにないので、とりあえず地下間道へ。

そこには魚人間の姿もなく、イスカスの姿もないのを確認。イスカスはあれらを操って連れて帰ったのか?

 

『海賊たちの島』

ダリオが現れた。突然因縁つけてくるからお仕置きしてやりたかったけど(笑)、こんな奴に対してですらキリルもアンダルクも丁寧にお話しております。あんたら育ちが良すぎるぞー。

ダリオのよく分からん頭の悪い説明に対しても「すごいじゃないですか」と返すキリル。いやそれ、バカにしてるように見えるんだけど…。

とにかくダリオは、IVで倒したラスボスの巨大樹のことを話してるんだなってことは、こっちには伝わってきたよ。キリルも何故か理解できたみたいだし。キリルったら何であんな説明で分かったんだろう?

 

次はダリオに誘われて海賊島へ。そしたらいきなり戦闘に突入か!よーし、やってやろうじゃないか!

ありゃ、余分なスペース2人分もあるの?リタも入れられるようにしとけばよかったなぁ。でもこれ2人分空いてるってことはもう1人誰か現時点で仲間に出来るってことか?しまった!ラズリルにでもいたか!?でもまあいい、このまま続けるぞ!

敵の大将は…、な~んだ、ロジェか。(笑)

戦闘終了。ランクはAだったか~。悔しいけどやり直すのも面倒なのでこのまま続けることにして。

どうやらロジェに紋章砲を持っていかれたらしい…、って、それって大変じゃないかーっ!しかも残ってた砲弾も砲門も全部持っていかれたって…。

そんな一大事にも「今のは、誰だったんですか?」と、まるで「明日の天気は晴れですか?」って聞くようにふつーに質問するキリル。この子、天然だ。

「一応あいつに報告しておくか」といいキカ姉。あいつって王さんのことだね?

セネカはシグルドの名前を覚えていた様子。そりゃ印象深いから覚えてるよね。

次はオベルか。なんだか懐かしいような、つい最近までいたような。(笑)

 

『オベル王宮にて』

さっき消費した玉を装備し直して、セーブ。Sが取れなかったから、結局、玉の無駄遣いだったなぁ、さっきのは…。

|

2008年11月 3日 (月)

Rhapsodia・再プレイ日記その8

本日は夜のラズリル画面よりスタート。

昨日はランクSを取るのに失敗したミドルポート地下間道、本日はSを取ることに成功。よっしゃ!やっぱり陣地が問題だったか。陣の玉、買い貯めておかなきゃ。

その後はパブロと出会ってそのまま立ち話。さほど強くないパブロがこの危険な場所までどうやって来たんだか。

紋章砲はもう作られていないこと、紋章砲を作っていたのは一人だけであったこと、それは偉大な魔法使いであったこと、異世界より召還した巨大な樹のようなものの実が弾であったこと、そしてその魔法使いも樹も今はもう存在しないこと、などを語ってくれるパブロ。

IVでは語られることのなかった事実も含めて喋ってくれるもんだから、初回プレイ時はこの辺りでずいぶん驚いたもんだったなぁ。

じゃあ地下間道から出ようかという時に、キリルが樹の枝のようなものを発見。

それはそのままイスカスの手に。
そいつの手に渡したらだめだってば!ラスボスだから!

そしたらイスカスが自分も行きたいから護衛として一緒に行ってくれと言い出した。うん、金出してくれるんならいいよ~。

そんなわけで再びウォーロックの家へ。もちろんその前に陣玉をたっぷり装備しておいたぜ!

あ、その前にギルドのぞいていこ~っと。もしリタでいけるのあったら今のうちに受けておこう。

…う~ん、どれも無理か…。あ、でも『娘を探してください』ってのがリタだといけるじゃないか。ララクルー、これお願いするよー。
よく読むと、この娘ってラズリルのあの子のことか。IVの序盤でスノウとカオルとで助けた子ね。

 

じゃあ地下間道へ。

あら、今回はあっさり着くんだね。でもこの先にまだ行ける所があって、そこで戦った記憶があるぞ。

にしてもパブロは何処へ行ったのやら。あの道通って帰ったのかね。

ヨーンが隠し通路の存在を嗅ぎつけて、全員そちらに向かうことに。まさかパブロはこっち行ったわけでもないだろうし…。

ここで戦闘開始。

敵はスケルトンとイビルバットのみ。まだ魚は出てこないかぁ。出てきたらキリルのレベル上げにちょっと困るから出てくれないのは助かるんだけど。

 

ちくしょー、Aか。最初、玉使うの忘れちゃってたからな。やり直しだ~。

 

今度はSを獲得。よっしゃあ!でも、いらん時間使ったなぁ…。

何やら音がして、イスカスの部下が音の方に駆け寄ると、そこに現れたのは魚人間?いや、これはあれだ、多分邪眼だ!(だよね?タイトルにもあるし)

その光を食らって、イスカスの部下2人は哀れ魚人に変えられてしまいました~。

キリルのトラウマ発動!アンダルクもわざわざ指差して見せんなよ。(笑)

うわ~、しかもここで過去の映像がフラッシュバックしてるし!

しかもヤバイことに光の膜がどんどん広がってます!早いとこ、ここは退散です!

という場面でキリル固まったまま動けずー!
父親があんな姿にされて、目の前で刺されたんだから、それと同じようなもの見せられちゃあ、そりゃ恐怖で動けなくもなるだろうよ。

キリルを抱えて連れていくとき、アンダルクが「・・・キリル様、失礼します!!」ってわざわざ丁寧に断ってるのが笑える。こんな非常事態であんた。(笑)
キリルが女の子だったら分からないでもないんだけどね。

なんとか逃げ延びた後、アンダルクが、「キリル様、ご無事でしたか・・・?」、って聞いたけど、多分、心が無事じゃないと思うよ。

1人で逃げることが出来なくて謝るキリル。いい子だね~。

ウォルターを異様な姿に変えた紋章砲が実は生き物だったことにショックを受ける一同。

IVの時はあんなおそろしいものぶっ放してたんだな。眼がなかったとはいえ。

 

「ねえねえ、イスカスさんって無事だったのかしら?」

「あ!!!」

 

あ!!!(思わずこっちも)

忘れてた!!!お金貰ってないじゃーん!!!結果的に護衛出来てないから仕方ないけど。(笑)

 

セーブする前に休息してみたら、ヨーンとの会話発生。ヨーンは声出さないけど、なんか会話はしてるみたい。
「もう大丈夫。もう弱音は吐かないよ」と母に誓うキリル。母とはまだ知らないが。
最後の「ありがとう、ヨーン」は、ヨーンとしては嬉しいかな。こんなこと言ってもらって。

 

ってとこでセーブ。

|

2008年11月 2日 (日)

Rhapsodia・再プレイ日記その7

本日のスタート画面は流水の間でした。

 

ではウォーロックの家へ向かう前に新入りの装備充実させて、武器も鍛えておかなきゃね。

ララクルには天狗の上衣・金の腕輪・毛皮のマント・力おび・ゴールド、シルバー、ブロンズの各勲章・とおくすり×2を装備。
リタには、英雄の鎧・プラチナガントレット・あとはララクルと同じのを装備。

 

ではいざウォーロックの家へ。

4人が出撃出きるようなので、キリル・アンダルク・セネカのメンバーにララクルを足していさ出陣。

 

あれー?ランクBだった~。がっかり。

やっぱりあれかな。陣地関係あるのかな。

もう一回やり直しだ、ちくしょう!仕方がない、明日もあることだし今日はもう終わろう…。

|

2008年11月 1日 (土)

Rhapsodia・再プレイ日記その6

本日のスタート画面は海賊島でした。

次はウォーロックの家だけど、その前にギルド寄ってみようっと。

ありゃ、受けられる依頼って一つしかないんだ。『陣取りゲームしよっ!』って、リタのやつだよね?じゃあこれ受けてみようかね。

じゃあラズリルに戻って…、と、あれ?裏通りってのが無いね?
噂話はどうたろう…、ああいたいた、リタ。

自分の属性を増やしてけばいいんだねー。……って、キリル、火の紋章宿してないよっ!?まあ宿してたとしても紋章使用回数少ないから意味ないけど。

しょうがないなぁ、烈火の陣の玉、たっぷり持たせとくか。

それで雷のエレメント倒しちゃえばいいよねー。

………うわあっ!エレメントってHP999もあるのっっ!?こんなん倒せるかっ!!なるほど、自力で頑張んなさいってことね…。

しょうがない、とりあえずやってみよう。

 

おおー、さすが烈火の陣の玉!圧勝じゃないか。使いすぎて逆にもったいないくらいだったなぁ。

でもこれでリタが仲間に!いやったあ!

 

短いけど、今日は時間がないのでここまで。

|

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »