« Rhapsodia・再プレイ日記その22 | トップページ | ティアクライス・プレイ日記その2 »

2008年12月30日 (火)

ティアクライス・プレイ日記その1

ほんとに始めちゃいますよー、ティアクライスプレイ日記!

再プレイ日記で終わらそうと思ってたブログなのに、初プレイ日記まで書けるなんて、幸せだ~。

 

そんなわけで早速始めましょう!

 

まずは108星壊滅のムービーから。いきなりですな。108星が壊滅するところから始まるんだってのは知ってたけど、ほんとに唐突だ。

そしてまた唐突に主人公の名前決定画面が来た!びっくりした!

主人公、名前決まってないんですねー。てっきり元からあるものだと。

でもどうしよう。幻水シリーズはいつも主人公の名前はカオルにしてるけど、この主人公はどう見ても雰囲気違うような…。

初代カオルであるぼっちゃんも、II主人公も、炎の英雄も、4様も、王子も、カオルって名前は特に違和感なかったけど、この主人公は見た目からしてカオルと言う名前を拒絶してくれてるような気がする。(笑)

うーん、でもまあいいか。幻水は幻水なんだし、ね。

というわけで名前はカオルに決定。

 ここから本格的にスタートだ。

 

 

うっわー、何だか他のゲームみたい。(笑)

主人公、やっぱカオルってガラじゃないなぁ。ナッシュみたいに名前が付いてたらよかったのに~。

リウ、マリカとパーティインした後、広場のディルクに話しかけると、本日の用事が東の丘とやらへもさもさ退治に行くことだというのが分かる。カオルはそれを楽しみにしてたらしい。

「あんまりあてにするなよ」への返事は「わかってるって!」を選択。この選択はのちのち何かに関係してくるのか?

リウはここの出身じゃないみたい?カオルもかな?赤ん坊の頃からいるってことは、カオルは赤ん坊の時に他所から来た子?

村の女との会話を見てると、リウってテッドに重なるなぁ…。

 

村長の家で村長とシスカと顔合わせ。シスカの声をあててるのは声優さんじゃなく素人さんなんですね。…、ああ、歌ってる人か。でもこういう素人くさい声、個人的には好きだな。

リウのこと、テッドっぽいって思ったら急に可愛く思えてきた。(笑)

 

雑貨屋にてジェイルと合流。落ち着きのある美青年だな。美青年攻撃やってくれるかもしれん。

お金がないから今は買い物はよしとくか。通貨単位がPってなってるからやっぱりポッチなんだろうね。

ここはどこの国にも属してないらしい。のんびりしたとこなんだね。

今回もあるんだ、交易!めんどくさいから今までもほとんどやったことないけど。とりあえずシトロ村では木綿糸が高く売れるらしいので覚えておこう。しかも大量に売れば、綿織物が流通するようになるらしい。流通するからって利用するかどうかは知らんけど、一応メモ。

カオルの両親ってここの村の人じゃないんだね。ということは赤ん坊の時にシトロ村にやってきていきなり両親死んじゃったとか?

 

次は広場へ村長の話を聞きに行かねば。どこぞの戦士の村のあの人みたいに話が長くなければいいけど。(笑)

「無茶はするなよ」への返事は「その時になってみないとわからねえ」を選択。何となくこの主人公ってこんな事言いそうだし。

 

初めてのミッション開始。じゃあ東の丘に向かうぞー!でもその前にセーブ。
あれ?たまり場に子供がいる?へー、この子、回復してくれるんだ。ありがたい子だ。

まだ初の戦闘もこなしてないけど今日はここまで。

|

« Rhapsodia・再プレイ日記その22 | トップページ | ティアクライス・プレイ日記その2 »