« ティアクライス・プレイ日記その20 | トップページ | ティアクライス・プレイ日記その22 »

2009年1月28日 (水)

ティアクライス・プレイ日記その21

では、ラザの砦攻略前に新依頼受けちゃいましょう。

人捜しの依頼かぁ。ふむふむ。え、またサルサビル行くんですかっ!?あそこ遠いんですけど~。ほら11日もかかるし、往復だと22日も消費しちゃうじゃないか。

ラザの砦を攻めるって時にそんな呑気に依頼受けてていいのかと思いつつ、サルサビルに到着。

せっかくなので総督邸にもご挨拶に。この夫婦、ほんっと良い人達だなー。シャムスの内面はこの祖父母に似たんだろうね。

それが終わると宿屋で依頼主と顔合わせです。依頼主は女性で名前はモーリンというそう。東の海を渡ってきたってことは、ライテルシルトの人?

彼女の護衛のヨベルは、何も喋らないし、顔は仮面で隠していて、ちょっと不思議な人だな…。モーリンが言うには、「ちょっとワケがあって仮面は外せない」んだそうで。

捜し人の名はイクス。ああ、あの軽薄な男か!サイナスにいたけど、今はどうしてんだろ。奴が何処にいるかは分かりませんが、とりあえず引き受けときました。

そしたら一瞬にして城に戻ったんですが…、日数はどうなったの?確か11日かかるんでは。

モアナが言うには、イクスが潜んでいる場所は、グレイリッジ辺りがあやしいのではないかとのこと。女好きだからきれいな人が行けばいいんじゃないかとも。
きれいな人ねぇ、今いるきれいな人ってシスカとマリカ姉妹とエリンとユーニスくらいかな。もうちょっと美人が揃ってからの方がいいのかも。

すぐには依頼が消えることはないだろうから、先にラザに行っちゃいましょう。

 

ってなわけで広間へ。

帝国には「あまり入れ込まねー方がいいよーな気がしてきたんだよなー」とリウ。そうだね、そう思うよ。

でも今はクーガをラザのトビラから元の世界に戻してあげることが先決とのカオルのまっとうな判断により、帝国と手を組んでラザを攻めることになりました。

メンバー編成は、カオル・クーガ・ジェイル・リウ・エリンを選択。

 

シャイラ…、冥夜とシトロ団は捨て駒っすか…。

でもそれもまた一つの正しい手ではありますね。同盟組んでる相手に対する行動としてはどうなんだというのは置いとくとしたら。

アスアド、ありがとう、そんなに苦しんでくれて。ほんと、まじめでいい奴だ。

しかし今回の件で分かったけど、シャイラもやっぱり自分の立場の為に必死なんだなぁ。第一皇妃とはいえ皇太子の母ではないから、いつかその立場を皇太子の実母である第三皇妃に取って変わられるかもしれないっていう焦りがあったりするんだろうね。皇帝、何とかしてやれよ。

 

ここで新たな事実。クーガの世界でも一つの道の協会みたいなのがあって、クーガはそいつらと戦っているそう。そりゃ一刻も早く帰りたいだろうに。

 

敵と二度ほど戦ったところ戦況悪化の知らせがロベルトより入りました。ロベルトがいちいちつっかかってくるんですが、クロデキルド姫、何とかして下さい。

でも可愛い奴ですよね。

ロベルト 「と、とにかく!伝えたからな!」

↑あんたは何処のツンデレだ。(笑)

 

ムービーが入って帝国魔道兵が蹴散らされております。この蹴散らしてる人ってサイナスで助けてくれた将軍さんでは?
ああやっぱりそうなんだ。ヴァズロフ将軍ね。同じ種族の女性レスノウは初登場ですね。

ヴァズロフへの返答は「ふざけんな!」と「じゃ、あの時の礼だけ言わせてくれ」と出ております。礼は言っておきたいので、お礼言う方にしておきましょう。

でも立ち去れって言われたら「やなこった」なんだ。(笑)

ヴァズロフとレスノウとの戦闘に。ここはやっぱりレスノウから攻めるべきかなー、って…、勝てるか、こんなもん!どうやらまたイベント戦闘だったもよう。

勝てはしなかったけど、サイナスで子供扱いしたことは詫びてもらえました。この人、いい人なんだけどなー、何で協会の一員なんだろ。

追撃はしないと言って逃がしてももらえました。でもカオルはクーガを元の世界に戻してやれなくて心底悔しそう。

 

城に戻って皆と話し合い。

ほう、負けたのはシトロ軍のせいにされてしまいましたか。おーい、シャイラよ~…。

リジッドフォークは強敵だからこのままでは勝算はないが、リウが何やら考えがあるそうですよ。リウ!頼りにしてるよ我が軍師さま!

でもマリカには頼りにされてないようです。ヘタレだしねー。(笑)

ここで一旦解散。

リウに話しかけると現在何やら考え中のようです。まさかポーパス族使ってどうにかしようとかじゃないよね?

ってとこでセーブ。

|

« ティアクライス・プレイ日記その20 | トップページ | ティアクライス・プレイ日記その22 »