« ティアクライス・プレイ日記その6 | トップページ | ティアクライス・プレイ日記その8 »

2009年1月 6日 (火)

ティアクライス・プレイ日記その7

では、タコ支部長の悪事を暴くためにいざ鉱山へ。

いきなりエレベーターあるよ!今回もあるんだ!ということは今回も本拠地あるんだ!
エレベータ職人、どこにいるんだろ~。その前にまずは本拠地か。

鉱山内では途中でいくつか宝箱見つけて、うろうろしつつ、どんどん先に進んだ先にようやくセーブポイント発見。途中にあったトビラがのちのち役に立ちそうな匂いがプンプンする。要するにワープポイントになるってわけね。

おわ!セーブポイントの先に何か変なのいるっ!!巨大ミミズみたいなの。しかも赤い~。不気味~。
何もかも高値すぎたせいで街で装備整え直してなかったにも関わらず、結構簡単に撃退出来ました。ふん、見掛け倒しめ。

さらに先に進むと、いけすかないタコ支部長の隠し部屋へと到着。そこにあったのは、財宝と、そして本!!

触ると以前とはまた別の映像が見え、皆に星の印が追加されたらしい。

今回は別世界ってことで、紋章は出てこないんですかね…。紋章は幻水本編の世界だけにしか存在しないってこと?

今回見つけたのは『気高き鋼鉄の書』という名前の本でした。本当に本がいくつも出てくるんだ。

リウもやっぱり前の時に108星壊滅シーンが見えてたんだろうなぁ。

ここでタコ支部長に見つかってギリアムと戦闘することに。ギリアムも支部長を若干疑ってるような節があるな。

ありゃ?ギリアムとの戦闘では今までなかった表示が出てるよ?それとも前からあったっけ。気付かなかっただけ?
よし、ここは初めて取説見てみるか!(今まで見てなかった)

おお!これが武器の属性ってやつか!ディルクが言ってたやつだね(多分)。

とか言ってる間にギリアム倒してタコ降参。支部長のやらかした事は、本部には報告せず、ひとまずエリンの考えに任せることに。

街に戻って、セーブする前に路地に行ってみると、アーニャという女の子と遭遇。この子は仲間になるかもしれないから覚えておこう。

ってとこで宿屋でセーブ。

|

« ティアクライス・プレイ日記その6 | トップページ | ティアクライス・プレイ日記その8 »