« ティアクライス・プレイ日記その8 | トップページ | ティアクライス・プレイ日記その10 »

2009年1月 8日 (木)

ティアクライス・プレイ日記その9

あらためてこの場所を見てみると、エレベータらしきものもあるし、こりゃ完璧に本拠地だな。

適当に進んだら、最初に入った部屋が大広間でした。しまった、ここ入る前に、もっとうろうろしたかったのに。

ここでリウ、ディルクと再会。おおー、リウが頭の良いこと言ってるよ。結構くせ者だな、この子は。

この砦で敵を待ち受けることが決定。でも勝てるの?軍隊来てんだよ?

メンバー編成はよく分からないので何も動かさずにおこう。

ここでミッション登録。

森の中では兵士2人にあっさり勝利。先に進むと、ああ!ディルクがやられてる!ローガンでも歯が立たないなんて。

そこに現れたのは、例の司書二人組。いや別にあなた達に会いたくはないのですが。

本を渡せっと言われて選択肢が出たけど、普通なら「断るっ!!」だよなぁ。だけど「条件がある」って方がものすごく気になる…。というわけでこちらを選択。

ああ、この主人公らしい言い方だ…。条件って言ってるけど、偽書を渡す気もないし、条件を受け入れてもらうつもりもないよね。絶対。

というわれで司書組と戦闘開始。これ勝てんのかね?ほらやっぱりムリじゃーん。

もうだめだって時に、「こっちだ」と助けの声がして、まばゆい光に包まれ、その隙に逃亡成功。星の印を使える他の者って…リウ?

ほらやっぱりリウだー♪

ひとまず砦に退却することに。

星の印を使ったことをマリカに問い詰められてすっとぼけるリウ。かわいいじゃないか。

言いたくないなら言わなくていいって…、主人公、ええやっちゃ!

 

「そんなに隠しときたかったのに、オレたちを助けるために使ってくれたんだろ?」

 

あんまりテッドを思い出させるようなこと言ってくれるなよ…。テッドも、使いたくないソウルイーターの力を使ってぼっちゃんたち助けたよね…。

 

おっ、ここでジェイル、マリカと、そしてリウがパーティイン!戦ってくれるの!?一緒に戦ってくれるの!?

 

砦の左側に行くと、もう軍隊さんいらっしゃってました。

後方からムービー付きで美女率いる助っ人軍団登場。一瞬、マリカ'が助けに来てくれたかと期待したけど、全然違った。この人たち、ジャナム帝国の人かな。

もしかしたらリウがマリカ'に助けを求めていたりして、なんて考えてたけど、さすがに別世界の人を巻き込むわけにはいかなかったか。

またムービーで別部隊出現。こちらは男性が率いてます。

あー、やっぱりジャナムの人だったんだ。赤毛の男がアスアド、金髪の女性が冥夜の剣士団のクロデキルドというらしい。クロデキルドはジャナムの人ではないわけ?

彼らの圧倒的な強さのおかげで、コノンとファーガスの司書コンビが撤退。もう二度とくるなよー。あ、ハフィンさんとやら、そんな奴ら追わなくても!

 

魔道帝国という響きから、こちらもとんでもない国かと思ったら、礼儀正しいいい人ではありませんか。

よく分かっていない主人公をよそに、これでミッション終了。

アスアドは第2魔道兵団に所属してるとか。

 

何かよく分からんうちに、シトロを守る代表者にされてしまった主人公。一応ここは謙虚に、「お、オレ!?」を選択。村長に話も通さずにとにかく主人公が代表ということに決まってしまいました。

シトロ村を帝国の領土にする意思がないと確認出来たのは一安心だけど、同盟の話を聞くと、結局は属国のような扱いになるんじゃないかという不安が。
確かにこの人たちはいい人たちなんだけどね~。

リウが「受けるしかねーと思う」って言ってるから受けとくか。

 

アスアドが言うには、ジャナムは偽書の力を使って戦っているらしく、本を専門に研究してる者もいるとのこと。じゃあサイナスじゃなくて最初からそっち行けばよかったんじゃあ…。

まあサイナス行ったおかげでシトロ村が攻め込まれるのを事前に知って防げたわけだし、あれはあれで良かったのか。

冥夜の剣士団は、アストラシア王国の生き残りだそうですよ。おのれ協会め!

 

ここで初めてミッションの報酬受け取りました。誰が金を払ってくれてるのかは謎ですが。

砦を去るディルク、寂しそうだ。そんなディルクに悪の誘いが。そこにいらっしゃるのは美人司書さんではありませんか。言葉巧みにディルクを誘い…、うぎゃー!ディルクが一つの道の協会に堕ちたー!

 

ところでパーティ編成したら、ジェイルが「マリカもいくのか」って言ったんですが。何か意味あるんでしょうか?
エリンは、「ジェイルさん、また一緒ですね」って言うし。ジェイルの回復は全然してくれなかったのに?それとも後に「でも回復はしませんよ」って言葉が続いてるのかも。

 

今日はこの辺でやめておこう。どうも昨日辺りから、やめ時が分からなくなってるなぁ。

|

« ティアクライス・プレイ日記その8 | トップページ | ティアクライス・プレイ日記その10 »