« ティアクライス・プレイ日記その7 | トップページ | ティアクライス・プレイ日記その9 »

2009年1月 7日 (水)

ティアクライス・プレイ日記その8

ひとまず支部へ。

エリンの策で、タコ支部長は傀儡になってもらうことにして、これからは街の代表者による自治を行うことになりました。代表者ってだれなんだ?

あ、そっか、ここには通行証もらいに来たんだったね!協会のとんでもなさにビビリ過ぎてすっかり忘れてたよ。

でも通行証もらって行く先は、そのとんでもない協会の本部があるとこなんだよな~。

これにてミッション終了。

あ、ギリアムに本触ってもらわずに行っちゃうの!?
もっかい建物の中に入って話しかけたけど、やっぱり触ってはもらえない…。

仕方ない、行こうか…、と思ったらあやしいおっさん出現。宿星っぽいな。

セシアスって名前で、協会員ではあるけど、博打はやるらしい。「またどっかで会ったら」って言ってたので、また会えるんだろうね。

 

エリンって行動力のある娘さんだなぁ。と思わず感心。
サイナスに着く前に、フォートアークってとこがあるんだって。前はそんな説明聞いてなかったぞ。…と思ったら主人公も同じこと言いましたよ。そうだよねー。

おおー、グレイリッジの道具屋と交易品の値段が下がってる!さっきまでの値段で買わなくてよかった…。
さっきがさっきだけに激安に感じるね!

ありゃ、よく見たらパーティメンバー3人しかいないや。

というわけで宿屋でメンバー編成してから買い物へ。

手持ちの交易品はどうしようかな…。金は足りたから今回はいいか。後で悔やむことになるかもしれんけど。

ここでホツバのレベルを上げるために鉱山をしばしお散歩。主人公とホツバは回復してくれるのに、何故かジェイルだけはほったらかしのエリン。笑える。

 

ではいざフォートアークへ。

協会がこんな要塞作ったんですか。こわいとこだな。

協会ってとこは、自分とこの理念を受け入れない国には軍隊送って征服してるんだってー。ほんとにとんでもない集団だな!!
ここから南西のアストラシア王国っていうのが何年か前にやられてしまったんだそうで。ひえ~。

東のジャナム魔道帝国っていうのは何年も抗戦するほど強いらしい。どんな国なんだろ。

さっき通った軍隊はジャナム行きにしては妙だとのこと。

色々親切に教えていただきましたが、この方また会えるんですかね。ってか会えそうですね。

建物の中に入って、と、…あれ?前にいるのってフレセリアの森で会ったガラ悪そうな奴に似てない?あ、やっぱりそうなんだ。

この建物内、左右は兵士が邪魔して行けなくなってるけど、後で行けるようになるかな。行けないとこって行きたくなるよね。

通行証を見せろと言われて、とりあえず「さっき殴られた人、大丈夫か?」を選んでみると、「余計なことは気にせんでいい!」って怒られちゃった。別に怒らなくてもいいじゃないか~。

 

フォートアークも抜けたことだし、次はサイナスへ。

街の中には、しるべの塔という高い塔がどどんと建っておりました。イクスという名の軽い男とも出会いました。

図書館はしるべの塔にあるのに、今日はイクスのせいで閉鎖されて入れなかった…。こんなとことっとと用事済ませて出ていきたいのに。おのれイクスめ!

ソロウとスヴェンっていったかな?彼らも仲間になりそう。あらかじめ決まっている相手としか結婚しちゃいけないなんてのもあるんだ。ふーん。本当にとっとと出て行きたいよ、ここ。

次は、ランブル族に入って行商したいという夢を語った子供が逮捕されるという現場に遭遇。あらかじめ決まっている仕事にしか就いちゃいけないんだってさ。

ねー、もうここ出ません?

 

というわけにも行かないのでしぶしぶ宿屋に泊まることに。

でもその前に交易品売って不要な武器防具も売って、新しい武器を購入。うわ、お金足んないや。しょうがない。買えるとこまででいいか。

宿に一泊したときのことはもう省略。早よ帰らせてくれー!もういやじゃー!

でも図書館には行くのね。もう行きたくないんだけどな…。

おおっ!司書さんびじーん!

この美人司書さんに本を見てもらうと、司書さん本に反応。そして後ろの2人も反応。
って、おまえらだったのか!会いたくなかったわ!!

美人司書さんの名はディアドラ。あの本は偽書というものらしい。偽りの書?

そして2人の名は、若い男がコノン、中年男がファーガス。

遺跡が出てきたことを知ってる主人公達をあやしむ3人。多分この3人も星の印が使える?

協会にとって主人公たちは良くない存在だから始末しろというようなことをディアドラが言ったとこでミッション終了。

続けて次のミッション登録。せわしないな。次のミッションって何だ?

 

協会での一番のお偉いさんはベルフレイド総長っていうんだって。この人が演説中に雷が落ちるって予言したそばから落雷があって、街人一人死亡。

うわー!もう出よーっ!早くっ!!

なのに追いかけてくるコノンとファーガス。すいません、もう帰らせて下さい…。

ファーガスはあっさり『偽書』って口にしたけど、言ってよかったんかね?2人も肩書きは司書なんだ、へー。

ここでこの2人と戦闘。こいつら、つよーっ!勝てるかこんなもんっ!

そこにヴァズロフ将軍という真面目そうなでかい軍人登場。リジッドフォーク?

 

「よし、この場は俺があずかる!おまえたちは早く逃げるがいい!」

 

へっ!?

 

急に助けられて一瞬混乱したけど、ま、ここは普通にお礼言っておきましょう。

本来なら、街を出る前にもう一回街を一巡りするところだけど、こんなとこ、とっとと退散じゃーー。

 

うお!フォートアークで手配されとるっ!

グレイリッジでは支部が騒がしいし。よく考えたらここも協会の街なんだよな。もうやだー。

ここで何とシトロ村に向かう軍隊と遭遇。あの軍隊はシトロ村に攻め込むための軍隊だったのかっ!!

あれ、ミッション終了しちゃった。脱出することが今回のミッションだったのね。

 

そしてまたミッション登録。今度はシトロ村に軍隊が向かっていることを知らせることになりました。
軍隊相手だとどうしようもないだろうから、村人全員で逃げるのかなぁ。

鉱山に入るとセシアス再登場。あんたこんなとこで何やってんだ。

そして主人公はアホでした。

ここで金稼ぎ(交易品集め)のために無駄にうろうろ。しかしエリンは頑ななまでにジェイルを回復しれてくれないな。何故なんだ。隊列の問題か?

交易品もそこそこ貯まったので、ではいざトビラを使ってフレセリアの森へ。

 

へー、ここで軍隊をくいとめるのか。…って無茶言うなー!

エリンとローガンには「どうするか自分で決めてくれ」を選択。絶対一緒に戦ってくれるに決まってるけど。

ここでマリカとジェイルとはしばしお別れしてミッション終了。

 

モアナって元気な子だなー。ここで初めてモアナにも偽書を触ってもらうことに。

「当たりか!」って笑っちゃったじゃないか。たしかに当たりだし。

 

軍隊の宿営場所に司書コンビが来てたりとかしていやな雰囲気ですが、これ、本当に勝てるんですかね…。

 

軍はもう森の入り口にまで来てるとのこと。

ところで、ここどこ?遺跡の中?にしては生活感溢れてるけど。

上の大広間ってどこだ?とりあえずセーブポイントがあるからセーブして今日は終わり!

携帯ゲーム機に苦手だったけど、手軽に楽しめるってのはやっぱりいいなぁ。サクサク進むし。

|

« ティアクライス・プレイ日記その7 | トップページ | ティアクライス・プレイ日記その9 »