« ティアクライス・プレイ日記その25 | トップページ | ティアクライス・プレイ日記その27 »

2009年2月 2日 (月)

ティアクライス・プレイ日記その26

城に帰る前にナイニネスを一周したら、入り口にてポーパス族のヌムヌ登場。いい子だなー。ニムニと名前が似てるけど兄弟なのかな。でも城には来てくれないのね。争いが嫌ならしょうがないか。

帰る前にドガじいさんにお礼言いに立ち寄りたかったけど、チオルイ山は面倒なので飛ばしてしまいました。ドガじいさん、ごめんよ。

テハの村には寄ってみました。そしたらソタに勧誘の言葉が!
でも今はまだ仲間になってくれないのですね。知識に貪欲な若者ねぇ。リウじゃだめなのか。また出直します。

 

城へ帰還。ニムニはすでに到着してました。新しい仲間は陽気なネムネ。女の子です。そしてもう一人はノムノ。寝てるよ…。
大丈夫かと思いつつ、「こっちこそよろしく」を選択。
ナムナっていうのもいるんだろうな。楽しみに待ってよっと。

クーガの忠告には笑いました。そうだよね~、ここの医務室は危ないよね。

しかしモアナは可愛いなー♪IIのワカバやVのランに次いでお気に入りキャラになったなぁ。

帝国から使いが来てるとのことなんだけど、でもその前に城内を散策。

鍛冶師のおじさん、武器と防具を売ってくれるんだ!しかもパーティにいないキャラの分も買って装備出来ちゃうよ。こりゃ嬉しい!姫さん、本当ありがとう!!

ここで初めて星の印の付け替え、というか追加をしてみました。なるほど、これをしとけばシスカも星の印が使えるようになったわけか。ほとんど使わないとは思うけど、回復系のは付けとくと何かと助かりますね。

 

モアナんとこで仕事の依頼受けてみましょう。

そういやイクスのこと、すっかり忘れてたよ。それよりも新しい依頼が気になります。特に「ナイニネス」に協会迫る」ってやつ。大変だ、早く行かなきゃ!

というわけで海岸の洞窟へ。

確かに協会の兵士がいましたが、ついでに強面の男ドロモンというのがいました。ロノマクアの海の海賊なんだそうで。
フェレッカという美女と、好青年風(海賊ですが)のシャバックという男もいます。
おおー、強力攻撃で協会兵を倒しちゃったよ。

海賊といっても義賊なんですね。気にくわねえヤツを選んでケンカ売ってるだけだ、か。こういう風にさらっと言えるなんてかっこいいね~。ぜひとも仲間に!

しかし彼ら相手には勧誘の言葉すら出て来ませんでした。がっかり…。

フェレッカはポーパス族を気に入ったようですね。こっちの城にはポーパス族が3人もいるよ、だからおいでよ~。

 

残念ながら海賊3人は今は仲間にならないようなので、城へ引き返すことに致します。

あ、ルバイスじゃないか、久しぶり!

ええー!グレイリッジの部隊が攻め込もうとしてるってー!?いやでも今は広間に帝国の使いを待たせてるんだけど…、いいのかなぁ?

って広間に帝国の使いいないよ。何処行ったんだ?

で、難民のフリした協会の兵と戦えばいいんですね。あ、どうしよ、こっちのメンバーは回復してなかったんで、元からHP65とか84とかだった。(回復しておけよ)
ま、勝てたからよかったですけど。

 

ルバイスが教えてくれなかったらあいつらを城に入れていたというカオルに対し、

リウ「それはさすがにオレが止めたと思うけど…」

へー、リウって時々頼りになること言うなぁ。きっとカオルに怒られてでも止めたんだろうね。

え!ルバイスったらそんな嬉しいこと言ってくれるの!?誘います!誘います!これでルバイスも正式ゲットー!

石版欲しいよ~、と呟きつつセーブ。

|

« ティアクライス・プレイ日記その25 | トップページ | ティアクライス・プレイ日記その27 »