« ティアクライス・プレイ日記その31 | トップページ | ティアクライス・プレイ日記その33 »

2009年2月 8日 (日)

ティアクライス・プレイ日記その32

ドガじいさんがどうなったのか確認しにせっせと山登りしたけど、ドガじいさんいなかったよ…。でも家が無事だからよかった。

平原に抜けたら、あらまた謎の遺跡がありますね。この遺跡、危うく全滅しそうになったわ。危なかった~。遺跡で手に入れたイリスロッドはリウに進呈。これで頑張ってくれよ、戦う軍師さん!

この平原にはフューリーロアはいないのかな。何も起こらないんだけど。遺跡以外、何もないし。

しょうがないので再びテハの村へと戻ってまいりました。さっきの遺跡探検でずいぶん消耗してしまったので、このゲーム始めて初の宿泊をしようとおもったら…、なんと料理人が出てきたではありませんか!しかもシチューだよ!(笑)
でも今は仲間に誘えないんですね。残念。

ナズに話しかけたらイベント発生しました。ドガじいさんにカオル達を会わせたことは覚えてるけど、何故会わせたのかは分からず考え込んでいる様子。ふびんな…。

ナズと一緒に山へ行ったら、今度こそドガじいさんいたよ~。

「違う!違う違う!なんかわかんねーけど違うっ!!」

と叫んでナズは走り去って行きました。カオルを山に残して。

あ~もう、山降りるのめんどくさ。(笑)

テハの村に戻るもナズの姿はありません。何処行ったんだよー。山へ行くのはもう面倒なので先に進みます。ナズ、ほったらかしにしてごめんね。

改めて平原に行くと…、平原といってもさっきの平原とはまた違う平原ですね。上の方にさっき行った遺跡と思われる建物が見えるし。

にしてもここ、広いよ~。目指す場所は何処?

うろうろしてたら、でっかい猪みたいなのと遭遇。それに勝つとフューリーロアらしき獣人が!しかもダイアルフだー!

…え?でもクーガは知らないの?

もしかして第9の世界ってクーガの世界で、その世界がなくなってしまって、そこの世界のものが飛ばされてきたとか?湖や平原と一緒に、その土地の住人であるフューリーロアも一緒に来たのかも。

それよりも記憶から消されているクーガは何処にいったの~?

ここではロベルトが意外に冷静なのに驚きました。

ダイアルフが言うには、彼の直属にクーガというのはいなくて、サーヴィラとリュキアのみだそうです。根城はクラグバークといって招待されてしまいましたので、せっかくだから行ってみることにしましょう。

クラグバークと思われる所の直前ででかい敵に遭遇。やべっ、しかも怒り状態になってるよ!とどめをビュクセが刺してくれて勝利しましたが。…って、こんなにデカイのに手に入るの毛糸だけか!

やっとたどり着いたクラグバークで、ティグールという老フューリーロアも登場。

人間の客が来てるそうだけど、客って誰だろう。コノンだったりして。

オータという少年とも出会いました。かわいいねー。

ここでセーブ。

|

« ティアクライス・プレイ日記その31 | トップページ | ティアクライス・プレイ日記その33 »