« ティアクライス・プレイ日記その39 | トップページ | ティアクライス・プレイ日記その41 »

2009年2月22日 (日)

ティアクライス・プレイ日記その40

アトリが来てくれて団長部屋に行こうってとこまで行ったんでしたね。

パーティクエストを三つ受けて、と。それじゃあ団長部屋へ行きましょう!

と行こうとしたら、ニムニがロノマクアの状態を報告しに来てくれました。早いな。

小さな島がいくつか消えてたそうで、海賊さん達の隠れ家も消えた中に入ってたんじゃないかとのこと。

もちろん彼らに教えに行こうじゃないか!…ってこれ、アトリも連れていくことになるんだよね。ごめんよ、アトリさん。(笑)

海岸の洞窟に到着。よく分からないまま海賊さん達と戦闘です。彼らは強いので、リウの星の印を使って勝利。また一斉にレベル上がった!海賊さんたち、毎回ありがとう!

これで海賊3人もめでたく仲間入りです。

ついでにナイニネスに寄ってみたけど、もしかしたらネイラをパーティに入れて話しかけたらナムナは仲間になるのかも。

ファラモンは当然入れないか。

クラグバークは変わりなし。

平原は山を越えるのが面倒だから寄るのはやめとくとして。

ギネの谷も何もなしかぁ。

仲間になりそうなキャラに全然会えませんよ。メイベルがいたチオルイ山は特別だったのかな。そういやメイベルはどうしたんだろ。

さんざんうろついた後、城に帰還。

って!メイベルの話したとたんにメイベルが出たーーー!!
「また他の女と」ってシスカのことですか?この前部屋に来てくれたのはマリカだったし、別に姉妹揃ってカオル団長の女とかじゃないからね!
団長部屋へメイベル連れていくことになりましたけど、いいのかな、こんな危ないの部屋に連れてって…。

そしたらアトリとの会話イベントが発生。

ええーー!メイベルは!?何処行ったの!?

いやそれよりもあちこちうろうろしててずいぶん待たせたアトリにまず謝るべきか。ごめんなさい。(笑)

アトリにクーガの死を告げるカオル団長。元の世界に帰さなかったら生きていただろうっていうのは確かにそうなんだけれども、もしクーガを元の世界に帰してあげていなかったら、クーガはこっちの世界で苦しんだままだっただろうから、帰してあげて良かったんだよ。

アトリの世界では大きな島が出現したそうで。そこの住人と共に。

「その島だけ残して彼等の世界は消えてしまったんじゃないかと思ってる」

だよねー!

その島の書はアトリが手に入れたんだ、よかったね。

世界はやっぱり消えていってるようですね。
そうなるとやっぱり気になるのが、その世界にあったはずの書はどうなったのかってことなんだけど。その辺はまた後で明らかになっていくのかなぁ。

いやそれよりも!アトリのとこでも敵は一なる王ですか!

と、興味深い話を色々してくれた後、アトリは戻って行きました。また近いうちに来て欲しいです。

 

そしてメイベルの番に。
アトリの話があんまり深刻だったんでメイベルの存在忘れてたよ。書に触らせるだけなら別に部屋に連れてかなくてもよかったんでは。(笑)

メイベルを部屋に置いて出てきてしまったけど、どうすんだ、住みついてたりしたら。と、不安になって部屋に戻るとやっぱりいるし!

「わたし、あなたに言われてからひとつの道の協会のこと、調べてみたの」

いつのまにーー!今さっき書に触れたばっかでしょう!?部屋出てすぐに引き返してきたんだぞ、こっちは!

あ、でもこの子、しょんぼりしてる顔はかわいいな…。十人並とかいって悪かったよ。それに十人並も実は嫌いじゃないんだ。(笑)

改心したメイベルも無事仲間になりました。

さ、次はどうしようかなーと部屋を出たら、部屋のぞかれてるよ~!そこっ!?そこにいるのっ!?

 

メイベルことはしばらく忘れることにして、可愛いモアナのとこでクエストの確認しましょう。『ニヌルネダの正体』は成功してるけど、何があったんだろう…。
あー、『フューリーロアから仕入れ』は失敗かぁ。また出てるから今度やり直しだな。

 

いいかげんストーリー進めなきゃってことで、ようやく剣士団の元へ。勢いでアストラシア奪還へと話が進んでいきました。

ここで本拠地一周してみます。クーガに謝れず凹んでいるロベルトや、フューリーロアが仲間になって喜んでいるザフラーとか面白いですね。
仲間になったばかりの海賊にも話しかけて、と。シャバックが言う天才って誰だろう。

あ、またナムナ来てる!でもまた帰っちゃった…。

「フュ~リ~ロアのロは~♪ロベルトのロ~~~♪」
なんじゃそりゃ。(笑)

せっかく自由行動中なので、ネイラを入れてナイニネスのナムナに会いに行ったけど、何もなかったよ…。
何回目かの城への訪問で仲間入りしてくれるのかな。

今日はここまでにしてセーブ

|

« ティアクライス・プレイ日記その39 | トップページ | ティアクライス・プレイ日記その41 »