« ティアクライス・プレイ日記その46 | トップページ | ティアクライス プレイ日記48 »

2009年3月 3日 (火)

ティアクライス・プレイ日記その47

このプレイ日記、一つ一つが長いことが多いので、本当は折りたたんだ方がいいんですよね。というわけでこれからはちゃんと折りたたむことにいたします。携帯から見ていただいてる方には関係ない話ですみません。

では恒例の本拠地一周旅行へと参りましょう。

帝国の方で動きがあるとルバイスが教えてくれました。何があるんだろ~。

ビュクセはまだ苛烈書(略した)の事言ってる…。ほんとごめんなさい。

ナムナは来てないかぁ。がっかり。

「カオル!会いに来てくれて嬉しいわ!」
会いに来たんじゃなーい!部屋の前に張り付いていながら、よくそんなセリフ吐けるなっ!(笑)

 

一周し終わったので広間へ。

協会と戦うという皆の意思を確認したところで、奪われた書をどうするかという話に。そうだよねー、どうすりゃいいんだろね。

何ー!ルオ・タウには書を感じ取る力があるだってー!そりゃ便利!便利過ぎてある意味卑怯だ!(笑)

そんなわけで書の探索はルオ・タウに任せることになりました。見つかるまで待機期間かぁ。じゃあファラモン行ってみましょう。

と、一階に降りたら、村長が来てるとモアナが知らせてくれました。ファラモンから突然カオル団長とリウが消えたって聞いて心配して来てくれたんだ。じーん…。

ひー、リウのイレズミを見て怒り出しちゃったよ。いや別にこれはファッションでやってるとかじゃないから!村長!

ってここで村長も宿星の仲間入りですかいなー!まさか村長も108星だったとは…。これは意外な。

星についてゼノアに話を聞きにいきました。ゼノアったら結構おちゃめな方だったんですね。急に好きになっちゃったよ。
ゼノアには色々教えてもらいましたが、長いのでメモはやめときました。
宿星についての説明は本編のことを考えると納得いくかな。

ついでに宿星の数、調べとこうっと。61人でした。

 

そんな…!ここからリウはパーティに入れられないなんて…!

でも確かに何処でもトビラを作れるディアドラの力は脅威だから、ここはスクライブの長の力が必要だもんね。しょうがない…。

 

さてファラモンへ行くんでした。パーティにクロデ姫を入れて、と。ファラモン行く前にクエスト確認もしておこう。あや?クエストまた増えてるわ。リウやジェイルの依頼もあるし。
せっかくなのでジェイルにアトリの世界を見に行ってもらいましょう。

リウの依頼は、城中を探し回ることになるのかと思ったら、結局何もしなかったんですけど。(笑)
大切な石だったのね。もうこの2人、可愛すぎ!ずっと2人で持ち続けてたんだね~。どんな思い出がその石には詰まってるんだ。教えてくれよ。そしてニタニタさせてくれ。(のろ気話大好き)

『ロノマクアからの密書』って気になるなぁ。島が消えたって言ってきてるってことは宿星発見のクエストだろうしなぁ。

でもその前にファラモン行っとこう。

…あ、ついうっかり普通に行っちゃった。トビラ使えばよかったのに。あほか。

 

ファラモン到着。早速ユラという女性発見。クロデ姫と対戦して、…うわ、負けた。
どうやら勝たないと仲間にならないようなので、再び話しかけて対戦。よし、今度は勝利!
おお、一気にクロデ姫のレベルが上がったぞ。
何か隠してるっぽいですがユラが仲間入りです。

城にいるグントラムに話しかけたら、協会に攻め落とされた時に侍女のひとりがノスロウの樹海に入っていったと教えてくれました。それは探さねば!

宿屋にてスヴェン発見。簡単に仲間になってくれました。ソロウが仲間になるのはもうちょっと後なんですね。ソロウに会うのはもうちょっと待っててね、スヴェン。

せっかく来たので武器・防具屋でネムネの装備品を購入。

宿屋に戻ってネムネとフレデグンド交代。クロデ姫がいる時にフレデ姫入れた時のセリフはどうなんだこれ。(笑)

さ、キラルドに話しかけてみましょう。フレデグンドへの不満をハッキリとクロデキルドに伝えるキラルド。これですっきりしたんじゃないかな。
と思ったら兄貴もクロデ姫もフレデ姫の肩を持つもんだからすねて飛び出してっちゃったよ。

キラルドの後を追ってヴェアルの荒野へ。

しまったー!フレデ姫が後衛にいるよ!隊列直すの忘れてた!(笑)

隊列も直して何回かエンカウントの嵐にあいながら、ようやくキラルド発見。協会兵にからまれていたのでひとひねりしてやりました。

「…フレデグンド…様も」

キラルド~。言うのに勇気いったろうに。
ディバインエッジに反応したアマラリクとキラルド兄弟もゲット。

 

一旦本拠地へ戻ります。

お、受けたパーティクエスト全部成功してる♪アトリも頑張ってるんだね。

グレイリッジの鉱山から別の世界へ行ってしまった人がいるだとかいうのがあったので、ホツバ連れてグレイリッジの鉱山に行ってみました。トビラを開いた途端に帰ってきたおじさんは泣きながら街へ駆けていったけど、家族とかいたんだろうか。
これは様子を見に行かないとね。グレイリッジの街に来るのも久しぶりだな。エル・カーラルにもまた行きたくなってきちゃった。

路地にてさっきのおじさん発見。でも話が通じない…。まだ仲間にならないのかぁ。

いや、ローガンか!ローガン連れてこよう!

当ったり~!年がローガンと近そうだったしね!ラバキンというこのおじさん、グレイリッジを変えた協会と戦う為に仲間になってくれました。しかしよく泣くおっさんだ。

 

また本拠地へ。いいかげんルオ・タウが書に所在を突き止めてそうな気もするけど、もうちょっと探させとこう。

今日はここまで。

|

« ティアクライス・プレイ日記その46 | トップページ | ティアクライス プレイ日記48 »