« ティアクライス プレイ日記61 | トップページ | ティアクライス プレイ日記63 »

2009年3月23日 (月)

ティアクライス プレイ日記62

ただいま巨人の住む町、ルギニエクに来ております。

武器をいくつか購入して、大通りにいる人達に話しかけたあと、族長のところへ。

族長、頭かてー。しかも宿星じゃなかったよ。気高き鋼鉄の書を渡す相手はガシュガルじゃなかったんですね。渡す相手を間違えるなってゼノアも言ってたもんな。ごめんなさい、まんまと間違えてしまいました。

祖神の裁定とやらをやることになりまして、リジッドフォークの始祖神オルドヴィークの祭壇に行くことになりました。これはちょっとヤバそうなのでセーブしておこう。

なーんだ、てっきりダンジョンになってるのかと思ったら違ったのか。出てきた神官2人は思いっきり宿星っぽいですね。その宿星っぽい2人と戦闘。無事勝って祭壇へ。

え、えーと…、まさかここで始祖の声が聞こえるまで待ちぼうけ?

あ!ここで書の出番か!渡す相手ってオルドヴィークだったんだ。しかもこの人、始祖神なのに普通に肉体ごと出て来られたんですけど。(笑)

オルドヴィークはリジッドフォークではなくて、リジッドフォークと共に戦って敗れ、この世界に来てしまった人らしい。種族は何なんでしょ。

ああなるほど、気高き鋼鉄の書はここから奪われたものだったのか。これで頼りになりそうなオルドヴィークが仲間になりました。
さっきの神官が邪魔しようとしたけど通らせてもらって、大通りに寄り道してから族長のところへ。

ここで族長ガシュガルも宿星になってしまいました~!そしてリジッドフォーク族が味方となりました。何て頼もしい。

 

本拠地に戻るとモアナがお出迎え。モアナに出迎えてもらえると嬉しいわ~。

|

« ティアクライス プレイ日記61 | トップページ | ティアクライス プレイ日記63 »