« ティアクライス プレイ日記62 | トップページ | ティアクライス プレイ日記64 »

2009年3月24日 (火)

ティアクライス プレイ日記63

ここで恒例本拠地一周。

イクスの言葉は頼もしいんだか頼もしくないんだか。

ウラガン、あんたはそんなに観光が好きか。

ザフラーが珍しく真面目な顔というか弱った顔して何言うのかと思ったら…。確かにリジッドフォークは頑丈で怪我もしなさそうだよね。診たくても診られないんだ。かわいそうに。代わりにリウを解剖してウサ晴らしとかはやめてね。(笑)

マナリルは部屋でずっと一人ぼっちだったけど、シャムスとタージが増えてよかった。

でも隣のレン・リインはずっと一人ぼっちのままなんだよね…。

オルドヴィークは何でこの部屋にいるんだ!ここ、壁壊れてますよ?

リュキアの食欲にはただ参りましたとしか言えません。

ホツバとディアドラに話しかけにトビラのとこまで来たついでにグレイリッジに飛ぶと、よっし!ギリアムゲット!オータと同じくクエスト依頼成功後に仲間になるタイプだったんですね。

本拠地に戻ります。

ゼノアとオルドヴィークの素性、気になるよー。ついでに石版確認。あと16人。

ギリアムは何処にいるのかと思ったら書庫か!なんでだ!

 

一通り回ったので、広間にて次の作戦開始です。

ソフィアが出す砂の怪物(ソフィア自体が砂の怪物と化してますが)を倒すにはリジッドフォークの怪力しか通用しないってことだったけど、水を操る術なら砂の怪物にも効き目があるんだとか。そういうことは早く言ってくれ~!

ポーパスでないとダメってことは、ポーパス隊出動ということになるんですね。ポーパスの武器防具揃えておかなきゃ。
ポーパス以外の水の星の印持ちでもダメなのかな。

 

広間を出ようとすると協会側へ画面が移動。

ベルフレイドは家族を失ってたらしい。

「帝国の時は失敗しました。今度は私のような思いをする人が残らなければいいのですが」

ま、この人にもこの人なりの信念があってやってるんだろうけどね。

 

画面が本拠地に戻るのかと思いきや、まだしるべの塔です。画面に映るのはディルク一人。ディルク、いいかげん帰ってこいよ~。

「帝都の誰かがこれに気付いたのか」

「それでもああなったのはやり方が不完全だったから…」

何のことだろ。

ここでディルクに変化が!何が起こってるの?星の印を正式に得て宿星になったんだとしたら嬉しいんだけど?これはクーガの力、かな。

「あいつのことは…カオルのことは!俺が一番よくわかっているんだ!!」

えー、そうかなぁ~…。一番分かってないと思うけど。(笑)

 

画面が本拠地に戻りました。モアナが出てくると和むわ~。ガシュガルが到着したようです。神官2人も連れてきてくれました。インドリクとジーヴィッカも仲間入り。

 

ソフィア救出の前に星の印の付け替えしとかなきゃ。砂崩しと水槍の星の印を付けられる人には全部付けて、と。ん?ガシュガルは何で砂崩しを持ってないんだ?ジーヴィッカも。
そして何とルバイスとヤディマじーさんが砂崩しを使えることが判明。ニムニとノムノも使えるよ。
これ、メンバー選別に悩むなぁ…。

 

ここで再び本拠地一周。特にセリフに変化はないかなーと思ってたら、ネイラにニヌルネダ様がご降臨あそばされました。一応全員に話しかけておいた方が良さそうだな。

レン・リインの言葉が不吉。リウは何をするつもりなの?

特に変化があったのはこの2人くらいかな。

|

« ティアクライス プレイ日記62 | トップページ | ティアクライス プレイ日記64 »