« ティアクライス プレイ日記66 | トップページ | ティアクライス プレイ日記68 »

2009年3月29日 (日)

ティアクライス プレイ日記67

本拠地一周いってきま~す。

「協会の総長って人の話とか全然聞かないし人の都合も全然考えないんだな」
そうそう!ヨベル!その通り!…ディルクもそうだったよね…。

メイベルはやっとまともな事言ってくれた!

「真正なる一書を持っておるくらいで誇大妄想の老人ごときが救世主気取りとは片腹痛いわ!!」
ニヌルネダ様、素敵ー。

ナキルの「独りよがりのジジイ」ってのもきついな。(笑)

ルオ・タウ曰く、輝ける遺志の書で真正なる一書に対抗できたのは重要な事実で、ソフィアに真正なる一書の印が与えられていたことは関係ないらしい。それって輝ける遺志の書が特別ってこと?

ラロヘンガに出てくる化け物の話でザフラーが生き生きしてる(笑)。もう解剖でも何でもしてやって下さい。

第11の世界の人達を「かわいそう」と言うムーロ。何て優しいんだ。

バルザムは第11の世界を知ってるの?じゃあいっぺんラロヘンガに連れてくか。

マナリルの発言は一体…?書が同時に輝く?

そういやスクライブが仲間になんないね。レン・リインは相変わらずひとりぼっちでかわいそう。どうせならリウと一緒にいればいいのに。

 

一通り話しかけ終わったので、リウとスヴェンを連れてフォートアークに来ました。ソロウがいたのって何処だっけ?
ああいたいた。ソロウがこれで仲間入りです。ずいぶんいい子ですね。

次はミュン・ツァンです。リウの思いは、樹海を出て人の中で暮らすうちに得たものだろうとミュン・ツァンが言ってくれました。きっとそうなんだろうね。シトロ村に来て良かったね、リウ。多分シトロ村以外の所だと、ここまで心が成長しなかったと思うよ、私は。

これで2人をゲットです。

 

本拠地に戻ってクエスト確認。

『ラロヘンガで人捜し』っていうの受けてみます。どうやらスクライブがラロヘンガに行ってしまったらしいです。何て無謀な。
謎の遺跡にて気の弱そうなスクライブ発見。あんただったのか。名前がやっと出ました。コウ・ローというそうです。
子供が中に入っていったというので、さらに奥に行ってみます。
あ、いた。なんか不思議な子だな。「ばいばい」だけで化け物を退けちゃったよ。
無邪気そうな少女で、名前はルファ。「本を見つけなくちゃいけない」らしいんだけど、何者なんだ?カオル団長が何者かって聞いても「ルファ」としか答えないし。

正体は分かりませんが不思議少女ルファと、気の弱そうなスクライブのコウ・ローがこれで仲間になりました。
レン・リインもようやく寂しくなくなるね。ずーっと部屋で一人ぼっちだったもんねぇ。

 

次のクエスト行きます。『新しい出会いを求めて』というイクスの依頼です。モーリンに恨まれそうだから本音言うとあんまり受けたくないんだけど。(笑)
おお、やはりモーリンの邪魔が入ったか。ワヒエじいさんも素直だな。男の頼みと若い娘御の頼みとどっちを聞く?って、イクスに分からせるには一番適してる質問です。さすが老師。

 

次は『樹海の怪物退治』です。怪物退治というと、まさか…。
やっぱりエヌムクラウだった!天威の印を持つ星って自分で言ってますね。べレムエル以来の、宿星が最初から判明してる人だ。べレムエルとこの人って関係ありそう。

 

そうだ、バルザムをラロヘンガに連れてくんでした。ヤードも一緒に連れてってあげよう。もしかしたら2人を必要とするイベントが発生するかもしれないし。鎧に関係ありそうなオルドヴィークもついでに入れて、と。
え!この鎧、オルドヴィークのじゃなかったの!?まさかのヤードの先輩か!
バルザムは第11の世界から来た人なのかと勘違いしかけましたが、バルザムに否定されてしまいました。こっちの世界の生まれなんですね。
どうやらバルザムの師匠が第11の世界の人だったそうで。鎧に見えていたのは要するに『対一なる王兵器』ってことですね。
これにてザインが仲間になりました。

オルドヴィーク、ごめん、関係ないのに連れてきて…。

 

本拠地に戻ります。ザインの位置はやはりバルザム達のいるとこなんですね。ザインが言う『第三種装備』って何なんだろ?

 

ついでに石版確認。あと5人だ!頑張れ自分!

エヌムクラウはやっぱりべレムエルの事知ってるんだ。

 

クエストに戻って、新たに出てきた『ザインに似た怪物』を受けます。
怪物はすでにラロヘンガを出てファラモンに向かったきてるそうで。そりゃ怖いわ。急がなきゃ。
ヴェアルの荒野に行くとザインそっくりの対異界侵蝕者迎撃用試作擬体12号機ラーメドがいました。って、こうやって書くと名称長いなぁ。(笑)
ザインは何号だったっけ?と思ったらすぐに判明。7号だったんですね。カオル団長よく覚えてたな。
ラーメドを破壊した事をカオルは怒ってるけど、これは仕方ないよね…。
ザインに泣いちゃダメというルファ。ザイン、実は泣いてたのか…。ルファって本当に不思議な子ですね。もしかして唯一生存してた第12の世界の住人なのかな。あんな状態で生き残ってたとしたら凄いけど。それとも人間じゃないのかも。

 

ファラモンの人達との会話が変更してました。ついでに樹海の集落へ行ってみたけど、ハウ・シー仲間にならず。リウとルオ・タウとレン・リインとを入れてみたけどやっぱり駄目でした。おのれ頑固者め。

ナイニネスとクラグバークも回ってみたけど、こちらもティグール仲間にならずです。どうやったら仲間になってくれるの~。

 

城に戻りました。そしたらクエスト増えてました。樹海にラロヘンガの怪物が来てるそうなので行ってきます。
集落を守る為に頑張ったらハウ・シーが仲間になりましたー!
それどころかスクライブ全体が仲間になってくれましたよ!よかったな、リウ!

これであと4人。そのうち3人は誰かは分かってるのに~。ティグールと、ルギニエクにいた旅芸人2人でしょ?でもあと一人は誰だろう。そもそも旅芸人は次は何処に現れるんだか。全然見かけないんですけど。

 

広間にて、ベルフレイドの行為を阻止する決意表明をした後は、「そのへん見回っててくれ」とリウに言われたので、再び本拠地一周行ってきます。

輝ける遺志の書が光った頃と同時にここにある書が一斉に光ったとムバルが教えてくれました。ふーん。何かありそうだな。

石版の場所では、元の世界での一なる王との戦いを覚えているゼノア、ダイアルフ、オルドヴィーク、ディアドラの4人が集まってました。
ここでも出てきましたか、星をひとつにまとめて一なる王にぶつけたら倒せるって話が。
この4人がいた世界ではそれは実行しないまま滅んでしまったらしいですが。
もちろん「絶対やらねえ!」と返事しておきましたよ。

わー!べレムエルが喋ったっ!本気でびっくりして思わず二度聞きしちゃったよ!(笑)
べレムエルとエヌムクラウって何者なんでしょ。

アトリが来てたっ!もうすぐ敵の中枢に攻め込むので顔を見に来てくれたそうで。そんな時に別の世界来て大丈夫なんか?相変わらずのん気な奴だな。(笑)
アトリも星の命を束ねて云々って方法はやらないことにしたらしい。うん、それがいいよ。

で、去り際に『あの人』の話をしてくれたんですが…。

そ、それって、あの人がカオル団長の父親ってこと!?

そんな年に見えなかったよ!?二十歳そこそこだと思ってたんだけど?

あ、だからあの剣を譲ってくれたんだ…。ごめん、槍ばっかり使ってた。二周目では剣使うよ絶対!

シス姉のとこで冒頭のムービーを確認してみたけど、やっぱりそんな年に見えない…。どんだけ童顔だったんだ、あの人。

 

ちょっとここでさっき行ってなかった街を回ってみよう。

って、旅芸人さんたち、まだルギニエクにいるんですけど…。どうして?

さっき行ったクラグバークにも行ってみたけど、やっぱりティグール仲間にならない…。

あと一人は全然分かんないしー。

もうあきらめるしかないかな…。

|

« ティアクライス プレイ日記66 | トップページ | ティアクライス プレイ日記68 »