« ティアクライス プレイ日記68 | トップページ | ティアクライス プレイ日記70 »

2009年3月31日 (火)

ティアクライス プレイ日記69

今日もレベル上げをせっせと行っております。

あるていど上がったので、失敗続きのクエストを受けてみようじゃないか。レベルが上がったから今度こそ成功して欲しいな。

あ~だめだ、また失敗だった…。もうミーネの素性と発掘はあきらめよう…。どうしたらいいのか分からん。

 

さていよいよ明日はサイナス出撃です。そしてもうすぐ第12の世界がくるようなんですが、どうかそれがアトリの世界じゃありませんように!!不安なんだよ、もうすぐ一なる王との決戦だって時にアトリが来たりしたもんだから。

 

朝が来て起こしに来てくれたマリカ。今まではそんな描写無かったけど、ここでも毎日マリカが起こしに来てくれてたんだろうね。ちょっと暖かくなるワンシーンでした。

しるべの塔を上がるにはえれべーたを作動させなきゃいけないらしいです。バルザム…、しるべの塔にもえれべーたを造ってたのか。

カオル、リウ隊には、ジェイル、マリカ、エリンと初期部隊の編成を。

アスアド隊は、シャムス、マナリル、タージ、ヌザートというジャナムメンバーで固めてみました。ハフィンとナキルも入れたかったんだけど、どうしても皇家の2人を入れたかったので。
で、シャムスを入れるならタージも入れなきゃいけないだろうということで、このメンバーです。アスアドと一緒に戦わせてあげられなくてごめんよ、2人とも。

クロデキルド隊にはフレデグンド、ロベルトと回復役にルオ・タウと、ここは武器攻撃が主になるからゴルヌイを。
アスアドが入れられるなら入れたかったんだけど、アスアドは他の隊って最初っから決まってるんなら仕方が無い。残念だったね、アスアド。
アスアドが入れられないならせめて全員アストラシアで固めたかったんだけど、全員剣士だから一人くらいはMかLを入れないと攻撃出来ないし。なのでメルヴィス達アストラシアの面々、ごめんなさい。

ダイアルフ隊にはサーヴィラ、リュキアとなんとなくヒナとラミンを投入。ロアもSレンジばかりだから全員ロアメンバーにするってわけにはいかず無念。

 

よし、サイナスに攻め込むぞー!、と意気込んでやってきたら、街の住民がじみーに邪魔しに来ました。
しかもラロヘンガのヘンな化け物を御使いさまとか言い出してます。危ないです。ここの住民。
御使いさまは自警団攻撃でさっくり撃退。自警団攻撃って強いんですねー。このメンバーは使ったことなかったので自警団攻撃がこんなに強力とは知らなかった。

次はマクートがおかしくなって登場。カオル団長がヒビッて後ずさりするなんてメイベル以来では。(笑)

おお!マクートも変身した!その名も肉天使マクート!(爆笑)
なんか可愛いな。タコを意識したデザインですか、それ?
これも自警団攻撃でさくっと撃退。さようならマクート。きみの事は決して嫌いではなかったよ。

サイナスの施設は普通に使えるんですね。なんでだ。

さ、しるべの塔へ潜入だ。行ってない通路があるけど、エレベータが動いたら強制的に上がらされて後戻りは出来なくなってて行けないや。探検したかったのにー。他の通路には行けないの?

にしてもクロデフレデ姉妹は強すぎる。回復役のルオ・タウは全く必要ありませんでした。(笑)

ここでビアズレイが出てくるか!あんたも久しぶりだな。しまった、カオル団長んとこにビアズレイが出てくるんならこっちにフレデグンド入れときゃよかった!こいつを一番倒したがってるのはフレデグンドだろうし。

ってお前も天使になんのかい!
天使ビアズレイのおかげでリウ、マリカ、ジェイルのレベルが上がりました。さすが天使。経験値をありがとう。

何度か戦闘をこなしてから見覚えある階へ。

ベルフレイドは見つけたけど、12の世界が来るまでの時間稼ぎの戦闘に付き合わされてしまうようです。
しかしベルフレイドが前衛でヘンな怪物が後衛て。それでいいのかベルフレイドよ。
このギガースアームってやつの攻撃やだなー。何か汚いもの飛ばされてるみたいで。

ベルフレイドには勝ったけど、第12の世界が来てしまった…!

って、一なる王、そっから来るんかーい!手品か!(笑)
実は最初からそこに入ってたんじゃないの?

一なる王ってもっと人外っぽいんだろうと思ってたのに、普通の人っぽく見えるんですが。もしかして人間だったりする…?そもそも一なる王が何者なのかが全然分かってないし。何者なんだ。

ああやっぱりダメージゼロか~。ベルフレイドでもそうだったんだから当然というば当然なんだけど。

お、でもまた輝ける遺志の書が光ったぞ!これはいけるかも!

だめか、ダメージ1しか与えられない…。

白い光の中に飛ばされて…、何だか懐かしい映像が。シトロ村ですね。この格好のカオル団長は久々に見たなぁ。15歳の誕生日の一日前の光景のようです。

何がどうなってるのか分からないけど、カオル団長を動かせるようなので動かしてみよう。

持ち物も今まで持ってた物、全部持ってるし、装備も最強装備だし、これは過去のことではないはず…だよね?

広場にしか行けなくなってるみたいなので、仕方がないから広場へ行ってみます。そこには村長とシスカとディルクもいて、何気ない日常の生活に戻ってしまったみたいな…。

こうやって見てるとやっぱりディルクはいい兄貴だったんだなぁ。

そこへマリカ、ジェイル、リウも来ました。久しぶりに見る線刻のないリウが何だか不思議に感じられるね。で、前から思ってたけど、リウ役の声優さん、上手いですよね。しょっちゅう感心してます。

これ、いつ終わるのかなーと思ったらまた同じ日の繰り返し???一回目と違って選択肢が出てるけど。
「あれ…ディルクは…」を選んだけど、また同じ会話が進んでしまうし。

「こんな日がずっと続けばいいのにね」っていうマリカの言葉が胸に刺さる。それは確かにそうなんだけど…、この平和で安らげる日常に浸っていたいけど…、でもこのままじゃいけないし。いつまでこのループが続くんだろ。

「…おんなじだ」の選択肢が出た!そりゃ今はこれを選ぶでしょ!

カオル団長が向かったのは広場ではなく本拠地。本拠地はそのまま残ってるんだ。シトロ村にはディルクがいたのになんか不思議。

おお!マリカ、ジェイル、リウの3人も来てくれた!これは嬉しい!3人で本拠地内を見回ったけど誰もいないや…。よし、ここは他の街に探しに行ってみようじゃないか。

ってとこで戻って来てくれたのは、モアナーーっ!!一番会いたかったよ!ホツバもエリンもローガンも戻ってきてくれた…。嬉しい。

アスアドとシャムスとマナリルも戻ってきてくれたんだね~。3人一緒にループしてたのかな?どんなループか想像するのもつらいけど。

ゼノアも戻ってきてくれました。「もしかしたらと期待してしまうじゃないか」って、今までのセリフでも感じてたけど、全然期待してくれてなかったわけね。(笑)

何かよく分かりませんが、どうも一なる王の世界に取り込まれていたみたいです。

元の世界に戻った途端に、団長は団長服に戻り、リウの線刻も戻ってきました。

 

さてまずは何処へ行くかと聞かれましたが、やはりここは「サイナス」でしょう。
そしたら第12の書『深き戦慄の書』をディアドラが渡してくれました。

ここでようやくセーブ。長かった~。

|

« ティアクライス プレイ日記68 | トップページ | ティアクライス プレイ日記70 »