« Rhapsodia再プレイ日記25 | トップページ | Rhapsodia再プレイ日記27 »

2009年5月11日 (月)

Rhapsodia再プレイ日記26

国境の小さな村に到着。

フレデリカだ。お久しぶり!(初対面です)

フレデリカが言うには、最近、赤月の連中が騒がしいからクールークは紋章砲を持ち出してきたんだろうとのことだけど、そうするとハインズが言ってたこととは真逆になるな。フレデリカの方がきっと正しいんだろうね。
紋章砲を破壊する為に来たというキリルの言葉を信じてくれたフレデリカがここでようやく仲間に。

ハインズが紋章砲を持ち帰ろうと企んでるのをフレデリカも見抜いてるっぽいけど、そんなハインズと一緒にいるキリルを信じてくれたのはありがたいことだ。

そして弓使い加入というのが何よりありがたい。いやホントありがたい。遠距離から攻撃出来るし、しかもフレデリカはイワドリに乗れるし、何度も言いますが心底ありがたい存在の加入です。

砲台破壊の戦闘中にポーラ、ジュエル、セルマが加入。みんな、久しぶり~。(初対面です)

おや?キカがポーラに久しぶりだって話しかけたぞ。しかも声付きで。
これ、他のキャラでもセリフが発生するのかな?4様のセリフがあるんなら聞きたかったけど…。今、出撃メンバーに4様いるけど、多分、一人しか喋ってくれないんだろうし、4様の順番を前にしとけば喋ったのかも。惜しいことしたなー。

またランクBかぁ…。もういいや、別にSなんて狙ってなかったし。(負け惜しみ)

 

夜になってクレイの話をするフレデリカ。村を消し去ったのはクレイじゃなくてクレイの息子なのにね。4様は結局フレデリカにその話はしなかったっていうことか。話をしたところでどうにかなるものでもないと判断したからかもしれないね。

 

『怒りの矛先』

さすが紛争のあった国境の村。武器レベルが6まで上げられるわ。全員の武器レベル上げとこう。

|

« Rhapsodia再プレイ日記25 | トップページ | Rhapsodia再プレイ日記27 »