« 幻想水滸伝V・再プレイ日記11 | トップページ | 幻想水滸伝V・再プレイ日記13 »

2009年9月24日 (木)

幻想水滸伝V・再プレイ日記12

バロウズ邸へ。

ルクレティアが狸オヤジにご挨拶…なんだけど、彼女の「ふふふふふふ!」がこわい。(笑)

ユーラムはもういなくなってるんですね。

次はロードレイク暴動の原因を暴くようです。ってことはオボロ登場だね!

ん?ということはカイルもそろそろ?忘れないようにしなきゃ。

サイアリーズに、「あの子に味方するのは罪滅ぼしのつもりか」と聞かれ、「いいえ」ときっぱり答えるルクレティア。
そりゃそうでしょう。ルクレティアは王子に対しても先王に対しても悪いことなんて何一つしてないんだから。
だけどサイアリーズには、ルクレティアは姉を滅ぼした原因に映るんだろうな…。サイアリーズは姉のことが大好きだったんだろう。だからこそ王子もリムも大事なんだ。可哀そうな人だった…。

「それでも私はあの時、ああするべきだったと今でも思っています」

「王子の軍師になったのもそれが正しいと思うからです。他の理由はありませんよ」

幻水Vって、あまり心に沁み込むような印象に残るセリフが無いんだけど、ルクレティアだけは違う。セリフがいい。

ここでサイアが、「あの子にはあんたの力が必要だ。よろしく頼むよ」って言ってたんですね。これが今わの際の言葉につながるわけか。

 

一旦バロウズ邸を出てまたすぐに戻ってみたけどカイル来ず。う~ん残念。

まあカイルは後でいいや。仲間集め行ってこよ。

塩が5個になったー!あと1個!

ラフトフリートは現時点では、サイロウ以外に仲間になるキャラいなかったかな?ムラードもいないし。

じゃ次はハウド村へ…。ぎゃあー!ドレミの精出たっ!コルネリオ連れてないよ!しまったっー!うう…、しょうがないからドレミも後回しだ…。

ハウド村には誰がいたっけなー。鑑定師と、ああそうそうジョセフィーヌ!
サイアリーズいるから丁度いいや。ジョセフィーヌゲット。

コルネリオを加えて再びレインウォール~ハウド村をうろうろ。出たー!ファソラだっ!よよよよよーし、捕獲するぞっ!ファソラゲットー♪

大穴に行ってみよう。
レヴィ達いた!まだ仲間にならないけど。ノーマ達がラフトフリートに現れてくれなきゃ駄目なんだよね。ノーマ達はいつ来るのかな~。

回転橋も行ってみよう。これでバベッジ…じゃなかった、ソレンセン仲間になるかな?

というわけでエストライズへ。あ、まだでしたか。がっくり。

ニケアもまだいないし。

まだ仲間集めには早かったかな?じゃ一旦戻ろうっと。

いやその前にラフトフリートに塩ないかな~。あった!これで塩6つになったぞ!よーし!これであとは値上がりを待つのみ。

あ、ムラードいる。さっき見落としたっけ?まあいいやひとまず勧誘勧誘。まだ仲間にならないのは分かってるよ。

あ、そういやタカムは仲間になるんかな?よし、行ってみよう!
鉱山抜けて、ドワーフキャンプを抜けて、と…。あ、しまった、看守必要なんじゃなかった…?シウスもレレイもいないや。(笑)

もういいや。また今度にしよう。

 

本筋に戻って、オボロんとこにロードレイク騒動の調査依頼をいたしました。

そしてバロウズ邸に戻ると、カイル~~~!!待ってたよっ!!
実は初回プレイ時には、スパイとして現れたんじゃないかと疑ってたカイルがこれで仲間入りです。(笑)
いやごめん。本当に真剣に疑ってたの…。

深刻ムードで謝るカイルも、軽口叩くカイルも、どっちもいいね。うん。

さて次は探偵の手伝いを駆け足で済ませて、と。ノルデンをロードレイクに連れていって、お手伝いは終わり。

ロードレイク来たついでにタルゲイユに話しかけてみたけど、王子が平民服着てることについてはスルーなんね、タルゲイユ。まあいいけど。いやちょっと反応が欲しかっただけさ…。

 

ラフトフリートに戻って来ました。ふう~。特に戦ったわけでもないのに(ファソラ除く)疲れた。

|

« 幻想水滸伝V・再プレイ日記11 | トップページ | 幻想水滸伝V・再プレイ日記13 »