« 幻想水滸伝V・再プレイ日記13 | トップページ | 幻想水滸伝V・再プレイ日記15 »

2009年9月26日 (土)

幻想水滸伝V・再プレイ日記14

レインウォール防衛戦です。

損害無しの大勝利でした。この戦争、何回やっても申しわけない気分になってしまう。(笑)

その直後に、ユーラムのおバカさんのおかげで、黎明の紋章がバロウズ邸にあることが判明。このぼっちゃん、本物のバカだ…。でも好きだ。

チャックを一騎打ちでサクッと倒して、地下へ行って、黎明の紋章やどして、ゼラセに嫌味いわれて(笑)、バロウズ邸を出ていくことになりました。(超駆け足)

黎明の紋章強奪事件の真相が判明する、この一連の流れは、初回プレイ時にかなりのショック受けたなぁ。今もショックだよ。
ロヴェレ卿は何の為に殺されたんだ、ロードレイクは何で二年間も苦しまされなきゃならなかったんだ、って。

そしてこの時のルセリナの気持ちを思うと…。

懸命に涙をこらえて声を震わせながら、それでも毅然とした態度で表情を崩さず、バロウズ邸を出て行くルセリナの姿が目に浮かぶんです。

ルセリナを気遣うボズもいい男だよ。単純だけど。

 

街の入り口にリンドブルム傭兵旅団の2人発見。ミューラーさ~~ん♪(もういいって)
リオンもいるんだから仲間になってくれてもいいじゃないか。ちくしょう。

 

ラフトフリートに移動してきました。しばらくはここが根城になるね。

ラージャの元へ。

次はロードレイク救出だ!と決心を固めたところで…、王子の着替えだよ!来たよ!
何で肩丸出しなんだろな?ついでに言うと背中も相当出てるし。
そんな事言ったらゼガイはどうなるんだって話だけど。あっちはほぼ半裸だしな。(笑)

 

ここでこれも来たよ、軍の命名。

軍の名前といえば、Vはちょっと考え込んだな~。でもIVほど困りはしなかったです。IVは、グレン団長くらいしか主人公が思い入れがある人っていなかったもん。(スノウ除く)

で、王子の場合はやっぱり両親だろうということで、アルシュタートのアルと、フェリドのフェを取って、アルフェ軍と付けてました。もちろん今回もそれで行ってやるぜ!

 

おや、ボズが回転橋の話してくれたぞ?「壊すか止めてしまえば」って。ってことはそろそろソレンセン行けるかも。

ガヴァヤ発見。たしか美少女か美女を揃えないと駄目なんだっけ。

宿屋にノーマとエッちゃんいたー!よっし、すごい魔法使いだな!連れてくらぁ!

あ、よく見たらオボロの船があるじゃないか。中に入ったけど誰もいないかぁ…。って、ドルフっ!?
オボロが帰ってきて、のらりくらりとかわしてくれたおかげで、ドルフは帰ってくれましたが。
いや~それにしてもびっくりした。あんたに会うと寿命が縮まるわ。

再度オボロの船へ。オボロ、シグレ、フヨウを一気にゲット。サギリはまだなんだよね。

ラフトフリートの入り口付近にてラハル、リューグと再会。
再会っていってもストームフィストでは会って会話したわけでも何でもないけど。
断られるのは分かってるけど一応仲間に誘ってみよう。うん、今はまだ来てくれないのは分かってるよ。また後でねー。

 

と、そのままロードレイク行くとこだった。別に行ってもいいんですが、まずは大穴に行かなくっちゃ!ログ、舟を出してくれ!

ついでだから回転橋も行っとこ。
ようやくエストライズの発明家の話出たぞ!よっしゃあ!待ってろよ~。

大穴のレヴィんとこ来ました。…けど、あれ?仲間にならないや?まだ時期が早かったのか。ちっ。

 

負けるもんか、次はエストライズだ。

ニケアいないねぇ。イザベルもまだだし。

ではいざ、バベッジとソレンセンとルウを連れて回転橋へ。
無事、回転橋も止めて、ソレンセンゲット!よし!

 

ラフトフリートに戻って…。

ノーマ、ごめんよ、レヴィが来てくれなかったよ…。もうちょっと待っててくれな。

おわっ!ノルデンっ!?なんでここに!?ここで仲間になるんだったっけ?いかん、忘れてるわ。思いがけずノルデンゲット。

 

次はロードレイク行かなきゃ。

|

« 幻想水滸伝V・再プレイ日記13 | トップページ | 幻想水滸伝V・再プレイ日記15 »