« 幻想水滸伝V・再プレイ日記16 | トップページ | 幻想水滸伝V・再プレイ日記18 »

2009年9月29日 (火)

幻想水滸伝V・再プレイ日記17

今日は再プレイを休んでときメもの事でも書いたろかと思いましたが、やっぱり再プレイにしてしまいました。一度心ゆくまでときメモの事を語りたいものだねぇ。
あ、別にわたくしコナミの回し者ではありませんよ。たまたま好きなゲームがどちらもコナミだったっていうだけのことですから。

さ、ヘイドリッドを壊す作戦開始ですよ。
これ、まずは城塞からゴドウィン兵士を追い出さないといけないんだったね。
戦争で死なすのはよくって、溺れ死なすのはダメなのか、というツヴァイクの疑問は…、う~ん、難しいところだ。個人的には当然、どっちもダメだって思ってますがね。

ヘイドリッド城塞攻略戦は大勝利。

次は水門を開けるんだね。そしたら待ちに待った本拠地だ!

城塞にログが火船で突っ込んでってくれてますが、ログが思いっきり火の後ろにおります。あんた、それだと風で火がまともに自分に襲ってくるだろうが!何で大丈夫なんだ!?
この時の心配するランがまたかわいいわ♪(とにかくランが好き)

水が大量に流れてゆき、ヘイドリッド城塞を破壊。

ロードレイクに水が戻ったぞー!

そして出ましたよ、本拠地ですよ!この時のツヴァイクのポーズというか仕種が笑えるんですが、それは気にしないことにして、本拠地ですよー!

ツヴァイクとローレライが、遺跡を城にするのが不満そうだが、まあ我慢してくれや。

 

ソルファレナ側に画面が移りました。ずいぶん暗い所で会話してんな。明かりくらいつけろよ、ゴドウィン親子。

 

さて本拠地です。城の命名ですね、待ってました!
ルクレティアの案もいいんだけど長過ぎて入らないので、アルフェリム城とさせていただきます。
これは軍の名前(アルフェ軍)にさらにリムスレーアの名前を足したものです。お前はそんなに家族が好きなのか、って言われそうな名前です。
初回プレイ時からずっとこれなので、今回も当然これで行っちゃいますよ!

ルクレティアはどうしても『蒼くたゆたう水面に望む5月のため息の城』にしたかったようだが、文字制限を恨んでくれ。

屋上の部屋へ。黎明の模様が壁にあって、紋章とその模様が光ると、幻が見えましたが…。あれは大穴の遺跡の元の姿…?

ここでゼラセが登場。彼女はシンダル族とは無関係だって、この時点で言ってたのね。ゼラセがこれにて仲間入りです。

ゼラセを仲間にした直後にルクレティアに話しかけると、ちょっと笑えること言ってくれた。あんたも変わり者じゃ~。

 

ロードレイクに顔出せって言われたから、次はロードレイク行きですね。本拠地出来たんだから仲間集めもしなくっちゃ。

ゲオルグ部屋って当初からあったんだ。ほとんど本人いないのに。

|

« 幻想水滸伝V・再プレイ日記16 | トップページ | 幻想水滸伝V・再プレイ日記18 »