« 幻想水滸伝V・再プレイ日記22 | トップページ | 幻想水滸伝V・再プレイ日記24 »

2009年10月14日 (水)

幻想水滸伝V・再プレイ日記23

怒涛の連日更新のあとは、以前のように飛び飛び更新になってしまっております再プレイ日記です。

 

ゲンオウを仲間にする条件をもう一度よく考え直してみよう。
連れてくのはアズラッドでいいはずだし、前回連れてった時は「おいてきぼりにしてる」って言われたっていうことは…。そうか、レベルか!
そうだよ、幻水ってレベルが仲間入りの条件になってるってこと、よくあるもんな!
よーし、早速アズラッド鍛えてみよう。

セーブル近辺でかなりレベルも上がったので、そろそろ行ってみようかな~。

当たりー♪これでやっとゲンオウ確保!

 

今、仲間何人くらいだろ。
ってそうだ、石版まだ無いんだった。

ビャクレンはレヴィがいないとダメなんだったっけ?ゲンオウでもよかったかな?

まあいいや、ビャクレンは後回しにして、リンファ探そう。

 

エストライズにニケアいたー!そういや忘れてた。
一騎打ちに勝ってニケアもゲット。
この人、一騎打ちの相手の中では幻水一、分かりやすい人かもしれない(笑)。ま、そんなとこがかわいいんだけどね。

なんだ、リンファはラフトフリートにいたのか。これにてリンファもゲット。

 

ここでちょっくら城で新入りに話しかけてみようーっと。

ロイって今までは仲間にした後は速攻でパーティに入れてたから、今初めて本拠地にいるロイに話しかけてみたわ。この子、いい子だなぁー。
自分のこと、「カッコわりぃ」って言ってるけど、そんなことないよ、かっこいいよ。

ためしにゲンオウ連れてビャクレンに会ってみよう。
あ、だめだ、ビャクレン出てこないや。もっと城が大きくなんないとダメなのかも。

 

仲間集めはこんなもんでいいかな。

では次に進みます。

さっきからリオンがしきりに休め安めって言ってるので、部屋で休んだら何か起こるんでしょうね。
部屋で休んで起こるイベントってったら、ビーバー炎上、…じゃなくてビーバーロッジ炎上か?

おお、やっぱりそうだったか。盛大に燃えております。

いつもはビッキーに近くまで飛ばしてもらってたけど、今回はビッキーに頼らないで徒歩で行ってみよう。

近っ!!ビーバーロッジってこんなに本拠地から近かったのっ!?知らんかった…。
これじゃビッキーに送ってもらう必要ないじゃん!ビッキーは寝ぼけて山道に飛ばしちゃうし。(笑)

ここでマルーンが強制的にパーティインしてきたので、エグバートにはご退出願い(どうせ金は有り余ってるし)、長老のもとへ。

 

長老ん家ではドルフと再会。

「太陽宮で戦った時のことを忘れたのか。君たちではぼくに勝てない」

あのー、太陽宮であなたに勝った記憶がありますが…?死なないからって意味で言ってるのかなぁ…。

相変わらずリオンばっかり狙うドルフ。そんなにリオンが好きなのか。

ドルフを倒すと、外にはトーマとゲッシュの姿が。
このシーン、ちょっと感動するわ。

これにてビーバー全体が仲間になり、フワラフワルとマルーンゲットです。

 

城に徒歩で戻って、目安箱を確認してみたら、フヨウからほのぼのする手紙をいただいてました。ナクラちゃんて(笑)。あいつほどちゃん付けが似合わん奴もおらんだろうに。

|

« 幻想水滸伝V・再プレイ日記22 | トップページ | 幻想水滸伝V・再プレイ日記24 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 幻想水滸伝V・再プレイ日記22 | トップページ | 幻想水滸伝V・再プレイ日記24 »