« 幻想水滸伝V・再プレイ日記23 | トップページ | 幻想水滸伝V・再プレイ日記25 »

2009年10月15日 (木)

幻想水滸伝V・再プレイ日記24

軍議の間に入ります。

レインウォールがゴドウィンの手に落ちたとのお知らせをいただきました。はあ、そうですか。
今回は、少々冷たいけど「ほっとこう」を選択。どうせ助けようって言ったって、反対されるんだし。助けにも行けないし。

 

ところ変わって画面はソルファレナへ。

リムスレーアに、レインウォール占領したことを知らせるギゼル。
リムは不機嫌にしてるけど、この2人って結構いいコンビのような気がするなぁ…。こんなこと言ったらリムは嫌がるだろうしミアキスは激怒するだろうけど。(笑)

戴冠式を行うとの知らせには、「お飾りの女王になどなってたまるか」と言って激しく拒絶。さすがリム。リムは誇り高いから、お飾りになるのは死ぬほどいやだろう。

でもミアキスやお付きの者を人質に取られている形になっているので、リムは女王になる決断をします。
だけどこの時のリムがね、脅されて女王になるのを承諾したような言い方は決してしないんだよね~。こういうところがリムの強さだよなぁ。

 

さて王子側です。

自由行動のようなので再び未だ仲間になっていない仲間の確認。

レツオウはまだ同じ事しか言ってくれないか。

ノーマたちはレヴィが来てくれないことにはどうにもならないし…。
レヴィも変わらずだし…。
やっぱり城レベル待ちですかね。

残りのビーバーはどうすんだっけな?

って、イザベルいたーーーっっ!!きゃあ~!イザベル様!かぁっこいい~~!!またハウド村でお会いしましょうね!

バベッジは元気そうでした。彼も城レベルだったな。たしか。

 

またたきの手鏡で戻ると、ルセリナの元にボズの姿が…。はいはい!バカ兄貴の呼び出しだねっ!行くよもちろんっ!
ビッキ~~!ハウド村まで頼むぜっ!
というわけでハウド村にてイザベル&マティアス主従ゲット。ユーラムもまた会おうね~。

 

あと誰がいたっけなー。

もういいか、進めよう。

 

軍議の間に入ると、ゲオルグーーッッ!!(喜)
リムの戴冠式が行われることを知らせに来てくれたんだね、ありがとう。

戴冠式には国外の使節も招かれるそうで、群島諸国がゴドウィンに付くのはマズイってことで、ひとまず群島諸国の使節に会ってゴドウィン側につかないよう説得しにいくことになりました。じいちゃん、今行くぞ。

その間はロイが影武者になってくれるのか。便利だね~、ロイって。

あれ?でも待てよ?…ということはロイは連れて行けないっていうことか…!?なんてこった!!(愕然)

ううう…、というわけでロイなしでまずはエストライズまで行きます…。

|

« 幻想水滸伝V・再プレイ日記23 | トップページ | 幻想水滸伝V・再プレイ日記25 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 幻想水滸伝V・再プレイ日記23 | トップページ | 幻想水滸伝V・再プレイ日記25 »