« 2011年4月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年5月

2011年5月 1日 (日)

テニミュ聖ルド・山吹公演その2

実は昨日も行ってきたんです、テニミュ。一昨日は昼公演で、昨日は夕公演でした。

一昨日は友人と楽しく観劇でしたが、昨日のはついうっかりチケット手に入れちゃったんで観に行かざるをえなかったという理由で観に行ってきました。

でも行ってよかったよー。

やっぱり一回観ただけじゃ物足りないんだな、って分かりました。

 

というわけであらためて感想を。

キヨ役の聖也くんのアクロバットは見事でした。
出てきていきなりの、鞄を肩にかけたままのバク転、…いやバク宙だったかな?をしたのはすごかったな~。しかしあれじゃ英二が目立たなくなっちゃうだろ、いいのか?(笑)
昨日の公演ではソロの冒頭でラケット落としちゃってたのも可愛かったよheart01
そして昨日の開演挨拶と、お見送りはキヨでした~heart04 嬉しすぎるだろっ!

ルドルフで一番輝いていたのはアヒルでしたが、山吹の中で一番輝いていたのは室町くんだったんだなと昨日になって発見。

地味'sもとっても楽しくていいコンビでした。
だけど地味'sの歌の時は2回の観劇中2回ともついついベンチでノリノリな千石&室町コンビ観てしまってたわ…、すんまそん。

ついついベンチ観てたというと、リョーマ対亜久津戦…、いや違うわ、ルドルフだから裕太か、とにかくその時もルドルフのベンチばっか観てました。

というかアヒル観てました。

だって、柳沢から目が離せない状況だったんだ。

いきなりの出オチだったし。それからもうずーっとアヒル鑑賞に徹してしまってました。結局試合はどうだったんだかよく分からず…。

いやどうせDVD出たら試合はじっくり見られるんだし、ここはベンチ観とくかって思ったからなんだけどね。

黄金とはえぬき組の試合でも、赤澤が叫んだことにタカさんがびっくりして不二にしがみついて(29日と30日とではしがみつき方が違ったので毎回違うのかも)、その後も不二がタカさんに「大丈夫だよ」って言うように何度も斜め後ろにいるタカさんの方を向いてたりしてたのが気になって気になって、そこらへんから試合は目に入らずでした。黄金とはえぬきよ、すまんかった。
あと何故か昨日の公演では、不二にしがみついたタカさんに、大石が試合中であるにも関わらず注意しに行ってたのが謎でしたが。試合に集中して!副部長!
でもその後タカさんが不二に何度も謝ってて可愛かった。

 

ところで今回って二校いっぺんにやっちゃってるじゃないですか。そのせいなんでしょうが、というかそのせい以外の何ものでもないでしょうが、試合がずいぶん早く終わっちゃう印象です。

あっさりしすぎて物足りないかな~と思う反面、さっさと話が進んで間延びしないってのは自分としては好きなので良いかなと思ったり。

ま、良い面もあり悪い面もありってとこですかね。

 

なんにせよ、テニミュにハマリつつある状態です。次の氷帝戦はさすがに単独のようですが、はたして私はチケットを手に入れられるんでしょうか。

そしてこのブログはこのままテニミュブログ、もしくはテニプリブログへと変貌をはたしていくのでしょうか。

| | コメント (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年7月 »