« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月28日 (日)

テニミュ2nd氷帝戦8/21大阪公演千秋楽

一週間経って記憶もおぼろなテニミュレポです。

今回はバッチリメモ持ってったけど、判読不可能だぞこのやろう。(笑)
フィギュアスケート観戦んときはここまで読みにくくなかったんだが…。

まあいいです。とにかくメモが何とか解読出来る範囲と記憶に残っている範囲とで書いていきます。
書いてるセリフはうろ覚えなので、一字一句合ってるわけなんて、もちろんありません。

 

 

●開演アナウンスは手塚部長。千秋楽だから部長だったんでしょうか。

 

●冒頭では、キヨが『ラッキー千石』歌いながら登場し、次に裕太が『HAND IN HAND』歌いながら登場、そして神尾も登場。生成かわええ~~~。生成に相当やられてるなと自覚した瞬間でした。

 木更津淳も登場。柳沢が迷子になったとのこと。

 千 「柳沢ってどんなやつ?」

 淳 「アヒル…」

 千 「え?」

 淳 「いや、えーっと…、髪がツーブロックで…、アヒル…」

 千 「え?」

 ってな会話をしてたと思う。(会話部分は大分、はしょってます)

 そこへだーね登場。キヨがだーねを見て、「あ、アヒル」と納得。

 だーねはどうしてたのかというと、「お兄ちゃん、あんたイケメンやねー、年いくつ?15歳なん!、ほな1500円にまけたげるから、これ買うていき!」と、見知らぬおばちゃんに呼び止められ、6個入りのたこ焼きを1500円で買ってしまったらしい。いやそれぼったくられてるから。(多分、裕太が「それ、ぼったくりですよ!」って言ってたと思う)

 最後に淳が『祝』、だーねが何かイラスト、ゲスト3人が『千秋楽』と書かれた紙を見せて終了。だーねが持ってる紙に何か絵が描かれているのは分かったんだけど、それが何の絵かは見えなかった…。アヒルの絵だったらしいですね。この日は2階席だったからなぁ。

 しかし陳しゃんは関西の発音が上手いな。

 

●ジャージをたたむ前に、じっとジャージを見つめる桃。この時間が結構長かった。12日んときはこんなに長かったっけ。
 なんだか胸が締め付けられる姿でした。不覚にも桃にじんときてしまった。

 

●桃の今日の対戦相手は神尾。何度でも言うが、神尾かわええ~~。
 「もうちょっと付き合ってくれ」と桃に言われると、何も言わず足をガクガク震えさせること数秒(結構時間とってた)ののち、「あ、あ、あ、杏ちゃんをライブに誘うんだ!」と言い残して去る神尾。

 あの、すみません、めちゃくちゃかわいいんですが

 「そんな溜めて言うことでもねえだろ」という桃のツッコミに笑う。

 ところで、杏ちゃんを誘うっていうのに桃はやきもち焼かないの?桃と杏にはくっついて欲しいって個人的には思ってるんですが。ちなみに友人は、杏と神尾が付き合って欲しいらしい。

 

●氷帝校歌はやっぱり始まったとたんに笑ってしまう。この歌大好きだ。
 そしてやはり私の視線は宍戸にロックオン状態。他の人が目に入らないくらい桑野くんが気に入ってしまいました。
 この日になって気付きましたが、忍足のパートでは照明もおかしな風に変わってしまうんですね。ピンクのような紫のような。忍足のソロ部分は笑わせようと思ってああなったのかな。いまいち読みきれません。

 

●抽選会にて、「千秋楽だっていうのにまさか置いてくなんてこと…(振り返って手塚と大石がいなくなってるのを見て)、置いていくんだねー」
 この言い方がかわいかった。キヨもやっぱりかわええな~。

 

●グラウンド100周と手塚に言われて、桃が客席に降りて去っていくときに、1階から笑い声が聞こえたけど、何かあったの?

 

●川での特訓中、乾から手ぬぐいを渡されるシーンで、海堂が手ぬぐいを受け損ねて落とした。でも逆に自然な感じがして良かったかも。

 

●ゴールデンペアのオーストラリアンフォーメーションの練習中、さらっと割り込むタカさん。割り込み方、上手いっすよ、タカさん。
 「2人の友情におなかいっぱい」で笑いを取るタカさん。ここのセリフは日替わりなんですね。12日は違うこと言ってたと思います。ケンカしてたんだけど、いつの間にか仲直りしてるゴールデンでした。

 

●桃とリョーマの二人乗りのとこで、眼鏡をかけて高めの声で「理屈じゃない」という桃。
 面白いから客席も受けてるんですが、その直後に手塚が出てくるってことは、今回の手塚(というかわだくまさん)への罠はここなんでしょうか。この2人の闘い、好きです。

 

●あ、手ぬぐい、いつの間にか長くなってた。いつ長くなるか今日は確認しようと思ってたのに。

 

●『油断せずに行こう』の歌が、今日は不安定だったような気がする。わだくまさんお疲れかなぁ…。

 

●だーね、淳、裕太の順で楽しそうに駆けてった。と思ったら順番変えてまた駆けてった。
 何かと思ったら鬼ごっこだった。
 そしてそれは現実逃避によるものらしかった。
 関東大会出られないもんねー。泣けてくるね。いい学校だったのに。はえぬき大好きなのに。(ノ_-。)
 いつまでもこんなんじゃいけないってことで、「切り替えまして、来年の裕太の試合、見に行かないから」と言うだーね。

 落ち込む裕太に、「うそだよ、見に行くよ、ラズベリーパイ持ってな!」
 優しい先輩やー。

 

●ハチマキがなかなか巻けずに手間取ってるトリオに、「ハチマキ、早く巻け!」とせかす桃。いやそんなに早くハチマキ巻けないってば。しかもあんなに長いのに。
 それでももたつくトリオに、不安そうに「いやなの?」って言う桃を不覚にもかわいいと思ってしまった。

 このハチマキ喜んで付けるのなんて大石くらいのもんでしょうよ。
 大石だったら「なあ、このハチマキいいだろ!なあ手塚!そうだ、手塚もつけてみたらどうだ?」って言って手塚を困惑させたり、「なあ英二、このハチマキいいよな!どうだ、似合ってるか?」って言って、放課後の王子様で言って欲しい言葉ランキング第1位を乾に言った時のような表情を英二にされたりしそうです。

 

●カツオが地味にいいキャラしてるなと気付く。
 大石頭を指して、「これ、徹夜して作ったんだぜ!」って、何で前日から大石の頭の用意してたんだ、お前は。

 

●夢をつなげはやっぱりいい。
 12日では席が前すぎて英二が見えなかったけど、この日はばっちり見えました。なので余計に感動。

 

●タカさんが、「かかってこいやあーっ!!」と叫んでドンと踏み鳴らすと、青学全員でぴょんって跳び上がった。むろん手塚も跳んだ(と思う)。
 床を踏んでドン→ぴょんっは、恒例になりつつあるんでしょうか。

 

●試合始まってすぐくらいだったかな、英二がムーンボールの練習するような動きしてました。

 

●3人でダブルスもやっぱりいい。英二がかっこいい。
 ジャンプで読んでた時から、青学で一番かっこいいのは英二だと思ってたなとふと思い出した。

 

●桃 「がんばったのにぃ…」
 ↑ってメモに書いてあるんだけど、何だったか思い出せない。しかし不覚にも桃をかわいいと(ry

 

●「ふーん」だけ?
 ↑ってメモに書いてあるけど、どのシーンだったか忘れた。
 リョーマが「ふーん」とだけ言ったとこがあったんですが、他の人(誰かは忘れた)のセリフとかぶっちゃって、多分リョーマはその後セリフが続くんじゃなかったかと思うのですが、それだけで終わってしまって気になったのでメモしてました。多分、どちらかがタイミングを間違ったんじゃないかな?

 

●ジローにつまずくキヨ。ちなみに12日は裕太でした。
 樺地の背中を「つんつんつんつんつん」っと勢いよくつつくキヨ。
 キヨのバク転にスローな拍手を送る樺地。
 この2人、意外にいいコンビかも。

 

●今日も宍戸はかっこいい!
 乾がスマッシュコースを変えて打ってきたとき、倒れた体勢のままだったにもかかわらず、それでもボールを追おうとした懸命な姿に感無量。宍戸かっこいい!

 

●勝利したときに、長太郎が両拳を突き上げるのがかわいかった。大変な試合だったもんね。勝ててよかったね。(実は元々、長太郎びいきなんです)

 

●休憩をうながす係は今回はキヨ。しかし何言ったか聞き取れなかった…。

 

●バーニングダンスで、だーねと淳がひたすら可愛かった。2人でラインダンスみたいな動きしてたのが特に。
 淳にひっかかって、べちゃ!って転ぶだーねがこれまた可愛かった。これが本当に『べちゃ!』って感じの転び方でねぇ。

 

●バーニング中だったのかな?メモの順でいくとバーニング中のようなんですが、岳斗が跡部と忍足の間に強引に座り込んでかわいかったです。

 

●バーニングが終わってハケる際、跡部に向かっておしりペンペンしていく神尾がかわいすぎて、もうどうしたらいいんですか。

 

●掛け声の説明の際の、樺地「フォーーーーーーーッ」がかなり長かった。客席にも受けてました。まさか笑いが取れる奴だったとは。

 

●岳斗がメガホンでジローの頭をぽこぽこぽこぽこぽこぽこぽこぽこぽこ。
 それくらいしないと起きないんですね。

 

●12日は、英二と桃とでリョーマを抱えてたけど、今日は完全に桃だけがリョーマをお姫さまだっこするかたちになってました。
 そしてそのままベンチに腰掛ける桃。(笑)
 慌てて桃を払いのけるようにして飛び降りるリョーマがかわいい。しかし神尾の方がもっとかわいい。(今、神尾は関係ない)

 

●ベンチに座るリョーマの頭を、桃がポンポンと優しくたたいたのが、ほのぼのしてて良かった。

 

●「こっちが恥ずかしいぜ」ビシィ!←氷帝全員客席側を向く。なんか気に入った、これ。

 

●やっぱり跡部の膝の上に座るジロー。だめだ、これも可愛すぎる。そして可愛いのはジローではなく跡部であることに気付く。(笑)

 

●テンション上がりまくったジローが、宍戸の帽子を取って忍足にかぶせました。
 その後、帽子を返してかぶせてもらった宍戸が、かぶり方がしっくりこなかったのか、もう一度自分でかぶり直してた。

 

●メモに、ジロー「くやC」の新バージョンとあるが、どんなんだったかは忘れた。(笑)
 跳び上がるんじゃなくて、座り込んでのCだったんじゃないかと…。いや違ったかな。全く覚えてないや。

 

●英二がトリオとずっと喋ってるってメモに書いてるけど、どの場面だったかは忘れた。(またか)
 何喋ってるんだろう。

 

●跡部のジャージをゆっくりたたむ樺地。服たたむの苦手?私と一緒?(たたみものが恐ろしく苦手なんです…)

 

●跡部の歌のところで、神尾のことで何かメモしてるのに全然読めない~!
 『何かやってる、かわいい、多分英二』ってメモもあるけど、何のことやら。(笑)
 大石が海堂にぶつかって謝ってたのも跡部の歌のとこかな。

 

●一騎打ちで、『仲間と共に』と歌う時にベンチを見る手塚が、倒れながらもボールを拾おうとした宍戸の次に印象に残りました。
 1stのDVD見てたら、1stでもやってたんですね。この演出、いいなぁ。

 

●一騎打ちは今回も震えそうなほど良かったです。

 

●手塚と大石の一年生時の声は、本人達ですよね。かわいい声出そうと頑張ったんですね。(笑)

 

●跡部が「よっしゃあっ!」って叫んで、ベンチに拳を向けた。
 あの跡部がっ!

 跡部らしくない行動ではあるけれども、いい。すごくいい。熱い跡部にこちらも熱くなった。

 

●ところで跡部のサーブの打ち方が、12日とでは変わってましたね。かっこよくなってました。12日は変わった打ち方してました。
 

 

●試合に負けた後の日吉、めっちゃ泣いてません?

 

●12日のカーテンコールでのキヨは、普通に走ってきただけだったので、ちょっと寂しかったですが、この日はアクロバット見せてくれました♪

 

●跡部の時の拍手大きい。でも気持ちは分かる。だって私も強めに手叩いてたし。(笑)

 

●スピーチはだーねと裕太。以下の会話は、これまで以上にいいかげんな記憶を元に書いています。

裕 「俺、彼女出来ないんですよ」

この時点ですでにウケてる生成くん。かわいい…、ほんまかわいい…。

だ 「まずはつかみだ。俺が女の子やるから、お前、声かけてみろ」

裕 「ごめん下さーい!」

だ 「おばちゃん訪ねてきてんのか!田中さんいますかー?ってゆうんじゃないんだから」

裕 「田中さんって誰ですかっ!?」

だ 「いやお前が言ったんでしょっ!」

この間、何かあったかどうかは忘れました。

だ 「俺が見本見せてやるから、向こう向いてろ」

だーねが裕太に近寄って目隠しする。

だ 「だーねだ」

客爆笑。そしてこの間、生成くんもずっとウケっばなし。生成かわいいよ。

だ 「次は食事に誘ってみろ」

裕 「ご飯、いかがっすかー?」

だ 「甲子園の弁当屋かっ!」

裕 「弁当は売ってねえっ!!」(すごい勢いで言う)

だ 「分かってるよっ!!」(半笑い)

好きなものの話をすることに。

裕 「じゃがいもと人参と肉じゃがが好き」(何で材料から言ったんだろ)

だ 「俺は君が好き」

客、ものすごく盛り上がる。言い方がまたかっこよかったんだ。陳しゃん、イケメンだな~もう。

だ 「別れ際も大事だからな、別れ際やってみよう」

裕「お疲れー」(軽いノリで言い、去っていく)

だ 「待て!帰ってこい」

裕 「わん」

だ 「わんじゃねえ!」

(とにかく喋りのテンポが早くて良いです)

だ 「お前、すごいアドリブ放り込んでくるな、びっくりするわ」

どうやら、「田中さんって誰ですか」とか「弁当は売ってねえ」とかはアドリブだったもよう。

最後の締めは、

だ 「次はいつ会えるって?今夜の夢の中でしょ」

客、盛り上がる。だから言い方がいちいちかっこいいんです、あなた。

裕 「こりゃたいへん」(これもアドリブ?)

大石が文句言いたげに少し前に出てきました。

裕 「ところで柳沢先輩、彼女いました?」

だ 「あわわわわわわわわわ」(耳を塞いで)

で、ちょうど時間終了。時間ぴったりだったのに驚いた。

スピーチはこんな感じでした。ところどころ抜けてるとこもいっぱいありますので、これが全てではないですよ。

 

●そのまま緞帳が下がって、アンコールに入ったので、ありゃ今回は各部長による挨拶無しですか?と思ったら、ジャンハイ後に挨拶がありました。

 

●「大千秋楽…、大千秋楽じゃないか」と小越くん。大阪の千秋楽だから大千秋楽?(笑)
 イセダイがウケてぴょんぴょん飛び跳ねてたのが面白かった。

 

●「みんなでUSJに行って…」と言ったところで不安になったのか、わだくまさんの方を見て確認する小越くん。USJと教えてもらって、再び喋り始める小越くん。かわいらしいんですが。(笑)
 ここで一番ウケてたのは跡部の青木くんだったと思います。青木くんもかわいいな。

 

●上鶴情報によると、陳しゃんも同じ間違いをしたらしい。

 

●青木くんの挨拶は、一通り喋ったあと、

 「皆でUSJに行きました」

 その後、結構な大沈黙。

 「これからもよろしくお願いします」

 客爆笑。え?今の何だったの?

 多分、前もって準備していた挨拶にはUSJのことは入ってなかったんだろうけど、皆で楽しく過ごしたということも言っておいた方がいいだろうと思って、急遽、USJの事を言おうとしたけど、何を喋ったらいいのか分からなくなって、沈黙が出来てしまったってとこだろうと推測しました。

 青木くんは相当まじめな人なんだろうな。

 

●わだくまさんの挨拶が珍しく心に響きました。(笑)

 

以上でレポ終了~。

長かった…。

| | コメント (0)

2011年8月13日 (土)

テニミュ2nd氷帝戦 8/12大阪公演

最近は軽く書くブログ記事が多いな~。
も一つのブログ(※閉鎖予定)では以前はちゃんとしたレポ記事書いてたのに・・・。
そうだ!今度見るテニミュはバッチリメモして久々に長ったらしい(笑)レポ記事書き上げよう!

 

・・・とか思ってたのにバッチリメモ持っていくの忘れました。
ヽ(´▽`)/

うん、それでこそ私('-^*)

↑いづけんブログに触発されて顔文字使ったみた。でもやっぱり面倒なのでやめよう。(笑)

 

 

それでは記憶に残ってることを適当に書いていきます。

 

開演前アナウンスは前衛キラーの内村くん。不動峰だ、不動峰~♪
この日のチケット買った理由は、日替わりキャストが不動峰だったからなので、しょっぱなから不動峰キャストの声が聞けてテンションあがりました。
何で不動峰公演を生で観に行かなかったんだろうな。一番好きな学校なのに。

最初にキヨ登場。キヨー!

そして裕太登場。ん?これは?1stの氷帝公演でも見たコンビじゃないか?(1st氷帝公演は生では観てませんが)

1stのように二人で漫談でも始めるのかと思ったら、神尾が登場。ナマ生成かわええ~~~。
ライブビューイングとDVDで観てカワイイとは思ってたけど、ナマで見たら尚更かわええ~~~。

キヨが神尾のことを「堀尾くん」って呼んだのはこの時だったかな?
学校名ももちろん「不動産」って言ってました。

森が内村を背負って慌てた様子で登場。どうやら倒れてしまったらしいです、内村くん。
背中の内村を下ろして横に寝かす森くん。
おかげで内村が視界から消えてしまった。前の人の頭で見えなかったんだ。倒れてる内村も見たかった・・・。

「この中にお医者様はいらっしゃいませんか!?」と呼びかける森くん。(その前に三人となんかやりとりしてたような気がするけど、もう忘れたな)
この時、お客さんの中で手を上げてた人っていたのかな?気になったんだけど、不動峰見たくって客席見渡す余裕なかったんです。

何故かキヨ・裕太・神尾が「私、医者です」と名乗りを上げてよく分からない状態に。(笑)
キヨが東の医者で裕太が西の医者で神尾が北の医者って言ってたかな。

なので、余った南の医者に森が加わるのかと思ったら、森は参加しませんでした。内村が意識が無いってのにそんなふざけてる場合じゃないといった様子。

内村を何とか助けようと森が考え出した方法が、「人工呼吸だ!」でした。

 

うん、それは多分違うと思うな。

 

でもそのおかげで内村が元気に飛び起きたんで結果オーライ?(※人工呼吸はもちろんしてません)

 

 

 

あとは箇条書きに覚えてるとこや思ったこと書いていこう。順番とかもう分かんないし。

 

 

●神尾と内村が大阪弁(関西弁)で会話していることに戸惑う森。
 戸惑いながらも大阪弁が下手であることを指摘する森。
 内村はまあ上手かったと思うんだけど、神尾がいまいちでかわいかった☆
 とにかく神尾はかわいいんです。

 

 

●休憩の入り方が唐突すぎるー!
 いやあんな感じだとは事前に知ってましたけど(笑)。それでもあまりの唐突さにびっくりした。
 タカさんが持ってた旗を奪い取って、休憩を促す神尾。
 「不動峰の生写真、かっこいいんだよな~」と言って去っていきました。ああもうかわいいな生成くん。

 

 

●跡部、顔ちっさ!細っ!
 歌に問題アリとか聞いてたけど、全然そんなことなかった。良かったです。
 もしかしてこの短期間のうちに歌上手くなったとか?

 

 

●氷帝新校歌、イントロでつい笑ってしまった。しかも2回とも。
 そして忍足のパートでは爆笑しかけた。なんだあれは、なんなんだ。上手すぎるわ。
 上手すぎて、一人だけ種類が違ってました。

 

 

●そんな忍足ですが、校歌意外は普通の声で歌うんですね。全部あれだと腹筋が持たなかったろうと思うのですが(私の)、全部あれで聞きたかった気もします。

 

 

●宍戸気に入った!校歌の時とか跡部の歌とか団体で踊ってる時は、つい宍戸に視線が行ってましたから。
 踊りが一番上手いってわけではないとは思うんですけど(他の人あまり観てなかったからよく分からないけど)、なんか惹きつけられるものがありました。
 少なくとも私はかなり気に入りました。

 

 

●しかし一緒に見に行った友人は、宍戸がお気に召さなかった様子。
 チンピラみたいだって。(笑)
 目つき悪いし姿勢悪いし、って言ってましたが、私はそういうとこも良かったと思えたんだけどな。

 

 

●岳人のお顔が相当な可愛さで驚いた。ネットで写真やら動画やら見てて可愛いのは知ってたけど、生で見たらめっちゃ可愛かった。

 

 

●岳人役のジュンジュンは顔のつくりが可愛い。神尾役の生成くんは全てがかわいい。
 と、思う。

 

 

●「もっと跳んでみそ」発言に対する青学ベンチの反応が、「みそ?」「みそ?」「みそ?」
 はい、これは正しい反応だと思います。みそって何だ的な。(笑)
 青学ベンチの反応に立腹する岳人がかわいい。

 

 

●かわいいシリーズが続きますが、跡部の膝に座るジローがかわいかった。
 いやむしろ膝の上に座られる跡部がかわいかったのか。

 

 

●細かいことですが、青学部室内の棚の右上にあったのってファンタグレープですか?

 

 

●不二の試合前、リョーマがベンチにどっかり座ってるのを、桃と英二とで怒るっつーか文句言うところ、英二が多分噛んだんだと思うんですが、ネタのようになってました。
 いまだに、ネタじゃないかと疑ってるくらいなんですが。
 本当に噛んだ上であれだとしたら、小関くんは聞きしに勝るアドリブ強さだな。
 どんなセリフだったかは忘れたけど、喋ってる最中に、「俺、何て言うんだった?」って桃に言い出して、桃が皆にも聞こえるくらいの小声でセリフを教えてあげてると、あらためてそのセリフを英二が言ってました。
 会場の笑いも取れたし、なんだかほのぼのした一場面だったな~。

 

 

●リョーマを桃と英二の二人で抱えたまま、ベンチに腰を下ろしたのが笑えた。

 

 

●噛むといえば、最高のものがありました!

 

手塚 「こも、こどもが産まれそうな妊婦さんを助けて近くの病院にいる?」

 

 

手塚が噛んだ。

 

 

と同時に巻き起こる大拍手。

 

噛んで拍手が起きたーっ!!手塚すごい!噛んで拍手が起こるなんて手塚くらいのもんだよ!私も思わず感激して拍手してたし。(笑)

いいもの見させてもらったという感動が大きかったです。あの大拍手、私は忘れないよ。

これって全国的にこういう現象が起きるのかな?それとも大阪だったからかな?
真面目なとこだと、「噛んだことに対して拍手するなんて失礼だ」なんていうこともありそうだしね。

 

 

●真面目な話もしよう。
 『3人でダブルス』には感動しました。
 弱気になっている英二の耳に、どこからともなく聞こえてくる大石の歌声。
 でも大石の姿はないんです。
 
 2ndのゴールデンペアは回を重ねるごとに好きになっていきます。

 

 

●『夢をつなげ』もよかったなぁ。
 1stでは、あの歌は手塚のことを歌ってたんだと思ったんですけど、2ndでは英二のことを思って歌ってるというふうに受け取っていいんでしょうか。

 

 

●『一騎打ち』は、城田・和樹が凄かったので、正直今回は期待してなかったんですが、予想以上に二人とも良いものになってました。
 前評判と違って青木くんがかなり上手かった。

 

 

●そういえば榊監督の声が和樹くんではないかということだったんですが、たしかに和樹くんっぽかったです。確証はないけど。

 

 

●手塚と不二と英二の三人は、立ってる時の身長は高い方から手塚→英二→不二ですが、ベンチに座ってるときの高さは手塚→不二→英二の順になってました。
 小関くんって足長いんだなぁ。手塚と比べるとずいぶん座高低かったし。

 ただ、二人の名誉のために言っておくと、手塚と不二は姿勢が良かったのに比べて、英二は力を抜いて座ってた雰囲気だったので、どうしても背筋を伸ばしてる二人の方が高くなるとは思います。
 ま、それを抜きにしても小関くんは足が長いですよね。

 

 

●不二役の三津谷くんは、常に姿勢がきれいで、体のラインを美しく見せようという意思が感じられました。

 

 

●アンコールのジャンハイで、三津谷くんのマルが正面で見られた~♪
 何でいつもマル作るんだろ?

 

 

●今回は座席が真ん中だったので、ハイタッチはなし。その代わりにエアハイタッチしてきました。
 正直、ハイタッチはそんなに望んでないので、こっちの方が私としてはよかったです。
 ルド吹公演の2回目の時なんて、思いっきり通路側で、ハイタッチせざるをえないとこだったので。(笑)
 かといってハイタッチしないと、来てくれたキャストに悪い気がするし。
 もちろんまたキヨが来てくれたなら喜んで手を差し出してましたけどね!(笑)

 

 

●聖也くん、今回のカーテンコールでは普通に走ってきた。アクロバットは無しですか~。

 

 

・・・と、これくらいかな。結構長くなっちゃったけど。

| | コメント (0)

2011年8月 7日 (日)

愛しのローカルごはん旅 もう一杯!

本屋さんをふらふらしていると、たかぎなおこさんの新刊があったので買ってきました。

そういえば、そもそもたかぎなおこさんの本を買うようになったのは、『愛しのローカルごはん旅』がきっかけだったっけなぁ。

この方の本を読んでいるととにかく何か食べたくなります。だってすっごく美味しそうに食べてる絵が描かれてるんだもん。(笑)

そして本に出ているとこに全部行きたくなっちゃいます。

この本に出てきた中で一番気になったのはクリームボックス。
普通にその辺で売っててもおかしくなさそうなパンだと思うので、全国展開してくれませんかね、これ。

そして甘いもの続きだけど、しろくま。
あんなにいっぱい色んな具材が乗ってるなんて知らなかった。
かつおや鶏より印象に残っただなんてよっぽどおいしかったんだろうな~。食べてみたいです。今、暑いから余計に。

麺物で気になったのは、鍋焼きラーメンとサンマーメン。
いやマジで食べにいきたいんですよ、ほんと。

 

今はあちこち旅しに行けるような余裕がないけど、いつか食べに行きた~い。

| | コメント (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »