« テニミュ映画祭 6/3 氷帝公演舞台挨拶付(T・ジョイ京都)【1】 | トップページ | テニミュ映画祭 6/9 六角公演 一緒に観ナイト(T・ジョイ京都) »

2012年6月15日 (金)

テニミュ映画祭 6/3 氷帝公演舞台挨拶付(T・ジョイ京都)【2】

今日、NHKにケンケン出てた!ケンケン久しぶりに見たわ、可愛いな~。
しかし同じくケンケンが出ていたらしい『えみちゃんねる』は見られんかった…。

 

さて前回から引き続き順不同で思い出したままメモしたものを書いていきます。会話部分なんてもちろん適当適当。

 

●お客さんから、3人でダブルスでやってたキックのことで質問あり。

 平 「最初はムーンボレーやってたんですよ。そしたらカラカラの時にじゅんじゅんが吹っ飛んでっちゃって」

 志 「カラカラの時に飛んでっちゃった事があったんです(笑)」

 平 「あ、違う、最初はラケット振るだけだったんだ。初めはラケットを普通に振ってるだけだったんですけど、そのうちムーンボレーの動きを前に付けてやるようになったんです。そしたらじゅんじゅんが、まだ僕がラケット振ってないのに飛んでいってしまったことがありました」

 志 「よく見えなかったんですよ、仁くんの動きが」(おそらく暗くて見えづらかったのだと)

 

●何の話の時だったか、「じゅんじゅんになりたい」と言い出した仁くん。
 みんなに可愛がられてるのがうらやましいらしい。
 「生まれ変わった絶対じゅんじゅんに生まれ変わりたい」とも言ってました。がんばれ。

 

●志尊くんのアイメイクの話。

 志 「ぼくのアイメイク、どうでした?」笑い起こる。

 平 「クレオパトラって言われてたからね」

 志 「クレオパトラって言われてましたね」

 平 「僕、じゅんじゅんのメイクチェック係だったんです。大石の頭は一時間前にセットするんですけど、あれはヘアメイクさんにしてもらうので、一時間前はヘアメイク室にいるんです。それと同じ時間にじゅんじゅんもアイメイクしてて、いつも「どうですかー?」って僕に見せにきてたんで、僕がチェックしてあげてたんですよ」

 志 「初日なんてすごかったですからね。目尻こんなとこにありましたもん」(と言ってこめかみ辺りを指す)」

 平 「そうだったねー!すごかった!」

 志 「(目頭を指して)こっちは逆に下げて描いてたから、目がものすごいことになってたんです」

 あと、氷帝公演DVDでの、「実力伯仲暗中模索~♪」のところが、目が真っ黒になってるって言って笑ってました。

 

●その話の流れだったかな?
 福岡ゲネの時は、カツラは着けるけど、メイクはしなくていいということだったので、ノーメイクでおかっぱ頭だったそうです。
 それがえらい可愛かったらしい。

 志 「芦田愛菜ちゃんそっくりって言われてました」

 

●多分、お客さんからの、ペアの相方の逸話はありますか?というような質問の答えの時だったと思うのですが…

 志 「上鶴さんと裕太(って呼び方してたかな?)が、すっごく息が合ってて、会話しなくても通じ合ってるから、どうしようって焦って、たっくんと2人でよく話し合ってたんです。それで、たっくん家に泊まりに行ったんです。たっくんが朝御飯作ってくれて、すごく美味しかったですよ。たっくん、料理上手いんですよ!」

 平 「へ~、何作ってもらったの?」

 志 「パスタです」

 料理上手いっていうことは、パスタソースはお手製なのかな。私なんて市販ソースしか使わんぞ。(笑)

 平 「うちのたっくんも料理上手いよ。いつだったか、たっくんが巻き寿司?…巻き寿司っていうのかな(手巻き寿司のことだろうか)、巻き寿司を作って持ってきてたのを、差し入れだと思って食べちゃって(笑)、『誰だよ、食べたのー!!』って言ったから、『あ、あれ、たっくんのだったの?美味しかったよ』って誉めてごまかしました(笑)」

 志 「イセダイくんもああ見えて意外に料理上手いんですよ!朝御飯にコールスロー作ってくれたりして」

 平 「意外だね~!」

 志 「『お腹空いてない?コールスロー作ってあげるよ』って、コールスロー作ってもらいました」

 平 「(感心しながら)すごいなぁ、『コールスロー作ってあげるよ』って、いっぺん言ってみたいなぁ!」(なんか、この言い方がツボった)

 志 「コールスロー作るってあまりないですよね。『お母さんが送ってくれた野菜があるんだ。これで作ってあげる』って。上手かったですよ」

 

●上鶴くんとのもんじゃ焼き屋に行った話。

 平 「今回、僕は試合がないので、徹ちゃんを…、あ、あぶない!今、駅の名前言いそうになった!」

 志 「?」

 平 「稽古場の近くにあるもんじゃ焼き屋に徹ちゃん誘って、」

 志 「それ、だめですよー!」(爆笑)

 平 「え?言ってないよね?」(志尊くんがすごい勢いで「だめ」って言ったから、もしかしたら駅名を言ってしまったのかと勘違いして焦る仁くん)

 志 「大丈夫です。言ってないです」

 平 「よかったー。それで、稽古場の近くのもんじゃ焼き屋に徹ちゃん誘って…」

 志 「そのもんじゃ焼きやって、あそこですよね?名前は…」

 平 「それ、言っちゃだめ!」

 志 「言わないです言わないです。そのもんじゃ焼き屋って…」

 志尊くんが仁くんに近付いて耳打ち。

 平 「そう、そこ!」

 志 「あ~やっぱり」(満足した様子)

 平 「それで、もんじゃ焼き屋で徹ちゃんに、裕太はこうだから、こうすると裕太のいいところが出るから、裕太にはこうしてやって、って話したんです」

 うっかり稽古場近くの駅名を言いそうにはなりましたが、このエピソードには心打たれました。
 裕太くんのこと、しっかり芯まで見てくれてるんだね、仁くんは。
 上鶴くんのことを徹ちゃんって呼んでることも微笑ましいなと感じました。

 

まだあるんだけど、もうこれで終わるか(笑)。次の六角のも控えてるしね。

|

« テニミュ映画祭 6/3 氷帝公演舞台挨拶付(T・ジョイ京都)【1】 | トップページ | テニミュ映画祭 6/9 六角公演 一緒に観ナイト(T・ジョイ京都) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« テニミュ映画祭 6/3 氷帝公演舞台挨拶付(T・ジョイ京都)【1】 | トップページ | テニミュ映画祭 6/9 六角公演 一緒に観ナイト(T・ジョイ京都) »