« 2012年7月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年8月

2012年8月19日 (日)

テニミュ2nd関東立海戦8/9大阪初日

はい、とうとうきました。立海公演です。
もう今日が大阪楽日なんだけどね!それが今頃になって初日の感想なんてね!
出発時間までに何とか書き上げたいなー。
今回の公演も、何回でも観たいって思っちゃうくらい良かったよっ!
お金さえあれば毎日大阪通って、当日券並んででも買ったのにっ。

ではいつもの如く、曖昧な記憶の元にレポ&感想を書いていくことにいたします。

 

●開演ギリギリに入ったため、開演前アナウンスが聞けずがっくり。
新快速が遅れてて、アナウンスには間に合わないのは分かっていたので、6時38分に高槻に到着した辺りで、私の代わりにアナウンスを聞いてくれと、すでに会場に到着していた友人にメールで依頼。
下手したら開演にも間に合わず、第二幕から観ることになるかと覚悟してたけど、何とか直前に到着。汗だくになったが間に合ってよかった!

 

●立海がいきなり登場するのかと思いきや、現れたのは立海のフリした六角の可愛い面々。
いっちゃんの前髪辺りに赤いものがのっかってるのがとても気になった、が、特にそれには触れてくれなかった六角の子たち。
あれ、相当気になったんですが。
他の回ではいっちゃんの髪について触れてたのかな。

 

●仁王の真似してるらしい剣太郎を見て、「スーパーサイヤ人がいる」と思った。
しかし六角のメンバー(たぶんいっちゃんだったかと…)からは、自由の女神と言われていた。
ほんまや、確かに自由の女神にも見えるわ。

 

●一幕の時だったかな?、途中でサエさんのジャージ左肩がはだける。
そしてダンスの流れで自然にジャージを戻す。全く手を使わずに戻したことに感心。
こういうこと出来るのって、ダンス上手い証拠だな。すごいなぁ、しーちゃん。
しかも後で知ったのですが、左肩がはだけたのは全くの偶然かと思ったら、どうやら東京福岡でもやってたらしい。
ということは、一切手を使わずにダンスの流れの中でジャージの動きを自由に操れるってことか…。
さり気なくすごいな、しーちゃん。

 

●今回は青学の中では不二を重点的に見ることが多かったです。
三津谷くんの美しさにさらに磨きがかかってて、目が逸らせなかったもんで。

 

●赤目の理由が桃と海堂しか聞き取れなかった。
おまけに桃のも海堂のも何て言ってたか忘れた。
海堂は猫がどうこう言ってたかな…?

 

●リョーマと乾が喋ってる間、後方で桃城海堂と黄金とで打ち合うんだけど、大石が全部ホームランになってしまってた。
ホームランになって飛んでいくポールを目で追う3人が可愛かった。特に小関くん。
どれだけ可愛かったかというと、彼らの可愛さに気をとられすぎて、前で喋ってるリョーマと乾の会話が全然頭に入ってこなかったくらい可愛かった。

 

●病室で幸村に、ボールを出す手品を披露する仁王。
同い年というよりは、年上のお兄さんが弟をかまってやってる空気でほのぼの。
実際、仁王役のくぼひでさんの方がかなり年上ですよね。

 

●一校に必ず一名以上はお気に入りキャストって出来るもんなんですね。
今回、好きになったキャストはミカティでした。
柳生の声が高くて透明感があると感じました。心地よい声。演技も好き。

 

●テニプリ原作で二番目に好きな試合が、関東立海D2の試合のはずなのに、D2試合よりも立海ベンチばっかり見てしまってた。
特に仁王と柳生。
特にこの2人は好きなキャラってわけでもなかったのに…、分からないもんですね。
おかげで入れ替わりのためにハケる2人の姿も、入れ替わって再登場する2人の姿も、見ることが出来ました。

 

●D2の試合中、仁王(本物)は寝てませんでしたか?あれ寝てませんでしたか?
柳生扮する仁王は、ちゃんと試合を見てはいるんだけど、体勢とか動きとかが、すっごく仁王っぽくって、赤也とか真田にちょっかい出そうとしてて可愛かった。

これ以降も仁王は特に立海部員とからむことはなく、1人の空間を保ってる感じがして、独特の雰囲気を放っていたように見えました。
そんなとこがすごく仁王っぽい。

本物仁王は独り好き、柳生は誰かと関わりたいといった感じ。

 

●ペテン師中はどこ見たらいいんですか。
あちこちで何かやってるんだもん~。

 

●ベッドに横たわる幸村を前に、立海の面々が並んで、真田が「無敗でお前の帰りを待つ!」って言ったシーン。
ここで思わず氷帝メンバーを思い浮かべてしまった…。
いや、何でかというとですね、ちょうど、この日の前日に、白洲くんがブログで、退院したって報告したばっかだったんですよ。
そのせいか、幸村の姿が白洲くんに重なり、真田の姿が桑野くんに重なりして、桑野くんが白洲くんに向かって、「一緒に全国まで行こう!」って言ってる幻が見えたんです。(私、末期症状?)
何にせよ、白洲くん、無事手術成功と退院おめでとう!

はっ、、、今は立海公演の話してるんだったっ!

 

●というわけで立海部長、幸村役のかみっちなんですが、かみっち良いですね!
入院時の儚げな雰囲気も実にいいし、ジャージ姿で歌った時の威圧感みたいなものも出てたし。
喋ってる時の声は低いのに、歌うと高くなるのもいい。
立海の中では、ミカティに次いでお気に入りになりました。

 

●どの場面だったかは忘れたけど、ベンチ上に立っておもむろにジャージを幸村掛け(肩掛けね)して、そのまましばらく突っ立ってた仁王。
別に意味はなくて、ただやってみただけだったのか、それとも幸村の存在がこの場にないことを愁いての行為だったのか。
普通に仁王だと前者なんだろうけど、病室での手品のやりとりを見た後だと、後者のような気もしなくもない。
個人的には、仁王なんだから前者であって欲しい。

 

●同じくどの場面だったかは忘れたけど、仁王が立海ベンチ上に立って、隣の六角応援ベンチにいるダビデと何やら会話してた。
立海メンバーとはあんまり会話しないのに、他校とはするのね。

 

●やっぱりどの場面だったかは失念。
誰かの試合の時に、柳生がブン太に話しかけてた。
そういやミカティとJPと元ちゃんは同い年でしたね。

 

●テニミュの中で一番好きな曲が『ここからが…俺達』なんですが、これは2ndでは絶対消えるんだろうな~と思ってたので、崖っぷちと共に残っててくれて嬉しかったです。

 

●不二対赤也の試合は、ベンチではなく試合を見てました。
だって、みちゅ演じる不二が見られるのは、もうあと1回だけなんだもん。
だから、みちゅの不二を目に焼き付けようと、みちゅから目を離さなかったよ。

 

●カーテンコールのあと、初日なので挨拶あり。
今回は公演時間が長いから、座長の挨拶だけなんですね。
小越くんが、ここは不動峰から来てるので帰ってきたという感じがするって言ってくれた後、和田部長が小越くんに何やら耳打ち。そしたら…、

越 「ただいま」(照れたように)

おかえりー!そしてかわいいー!

 

●まあそんなわけで、座長の挨拶があったんですが、暑かったのか、ミカティが手扇で顔をパタパタ。しかも両手で。(かわいい!)
それを見た客がクスクス→だんだん大きな笑いに。
挨拶中の小越くん、何かあったかと後ろを振り返る。でも何もないよ~。(この小越くんもかわいかったです)
そしたら赤也役の元ちゃんがミカティに話しかける。
お前のせいで笑いが起こってるぞって多分言ったんだと思われます。
そしたらミカティ気付かず、え?なんで?といったふう。
元ちゃん、さらに、「こうやってただろ?」と顔を扇ぐ真似。
そしたらミカティ、え?そうなの!といったようなびっくり顔。本気で気付かんかったんか。(笑)
その後、ミカティはずっと俯いてました。反省してたのかな。でも顔見せて欲しかった~。

 

●アンコールのザッツマイの時、客席に降りてた真田役の健さんが、戻るのが遅れたのかな?、あわてて舞台に上がってきて、階段すぐ上で踊ってたんだけど、そこはミカティのまん前。
しかも、めっちゃミカティのジャマしてた。(笑)
「え?ちょっとっ、ジャマなんだけどっ?」って感じで困惑しながら、踊ってたミカティが可愛かった~。
しかもジャマされてるから、ちゃんと踊れなくって、それでも何とか踊ろうと頑張ってるのがまた可愛かった~。
曲が終わった直後、健さんに詰め寄ってた姿も可愛かった~。

 

 

というわけでとにかくミカティがかわいかったです。(結論)

 

ようし!出発前に書ききったぞ!

では本日の大阪千秋楽、観に行ってきます!
今の青学を生で見るのはこれで最後になるのか…、寂しいね。

| | コメント (0)

2012年8月15日 (水)

テニミュ映画祭 6/10 六角公演 舞台挨拶付(T・ジョイ京都)

前回より、さらに一ヶ月以上が経ちました。
すでに立海公演が始まり、ロンドン五輪も始まり、立海公演大阪初日を鑑賞し(立海よかった!)、そしてロンドン五輪が閉幕してしまったという今頃になって、6月の映画祭のレポなんて。

とはいえ、さすがにこれだけ月日が経つと、さっぱり記憶がありません。(笑)
当時書いたメモを見ても、これ何のことだっけ?、というような内容がちょこちょこ存在。
なので意味不明な部分は省いていきます。
そして書いている内容は完全なる順不同となります。

 

 

●この時にようやく気付いたんだったか、青学PVでゴールデンが階段に座って歌ってるシーンで、大石は険しい顔して右手首掴んでるんですね。

 

●和田部長が大輝くんのことをスイカと紹介。(PVネタ)

 

●和田部長が大輝くんに質問して大輝くんが喋るというパターンが全体的に多かったように思います。

 

●六角公演で大輝くんが一番印象に残ってるのは、最後の挨拶のとこだとのこと。
あれはかわいかったから、私も一番印象に残ってます。

 

●六角PVの撮影場所について昨日と同じく質問する和田部長。

和 「PVは何処で撮ったの?」

吉 「千葉県のどこかです」(いまだに分からないのか)

和 「もう3回目だよ?九十九里浜で撮影したんです」

と、何故か和田部長が説明。(笑)
3回目ってことは、名古屋でもこのやり取りあったんか。

 

●撮影の時は台風が来てて天気が悪かったそうです。
晴れてる状態で撮影したかったのに、と残念そうな大輝くん。

 

●埋まってたことについて和田部長がつっこむ。

和 「埋まってていたずらされなかったの?」

吉 「しんちくんがキスしようとしたり色々されました」

客席から驚きの声が上がる。いや本当にはされてないでしょ。(笑)

和 「されてないよね?」

吉 「されてないです。寸止め」

客の反応を見て、誤解されたままだといけないと思ったのでしょう、和田部長からフォローの質問が入りました。

和 「もっさんは?」

吉 「頭の上に座ろうとしました」(もっさん…・笑)

和 「あっちゃんは?」

吉 「こしょぐってきたんです」(こしょぐるという言い方に小さく笑い起こる)

みんな、ひどい。(笑)

 

●この日も、パラグライダーおじさんのジャマっぷりが話題に。

吉 「ずっと旋回してて、やっと降りてきたと思ったら、『スイカ下さい』って言ってきて、スタッフさんに『ダメです』って断られてました」(おっちゃん…・笑)

和 「ほんとに~!」(ウケる和田部長)

吉 「その後、ビーチに椅子置いて座ってたんです。ジャマされて。おかげで撮影が長引いて大変でした」

和 「よっぽどの六角ファンだったのかもね」

吉 「…あっ!」(おそらく邪魔者扱いしたことへの後悔の言葉。だけどただのお調子者のおっちゃんだったんだと思うので気にしなくていいよ、大輝くん)

 

●大輝くんが、「皆さんから質問してもらいましょう」って切り出して、よく思い付いたと和田部長に誉められる大輝くん。
質問者のところには大輝くんがマイクを持って客席まで来てくれました。
そんな大輝くんに向かって、「行け、ピカチュウ!」、と和田部長が指示。
言われると何となくピカチュウっぽい…かな?

 

●質問1 「緑山は誰がやってるんですか?」

それ私も聞きたかった!聞いてくれた方、ありがとう!

和 「う~ん、それはプロデューサーさんに確認しないと…」

あ、やっぱダメなんですね。

和 「見えた方いらっしゃいます?おそらく皆さんがそうだろうと思っているキャストです」

この時、和田部長に、答えていいのかどうなのか判断しかねた迷いの間がかなりありました。

和 「ちょっとそれは今答えられなくて…、プロデューサーさんに確認して後ほどお答えします」

後ほどっていつだ(笑)。こうやって上手いこと逃げた和田部長でした。

 

●質問2

肝心の質問が全く聞こえなかったんですが、大輝くんが、六角公演では皆に助けられてやってきたので、立海公演では頼られる部長になりたいというようなことを長々と、実に長々と、喋ってくれました。

 

●質問3 「立海公演の意気込みを聞かせて下さい」

という質問だったんですが、和田部長が「それは最後に言おうとしてるので、別のを」とのことだったので、質問が変更に。

 

●変更後の質問3 「皆さん(客)にひとこと」

答えは何だったっけ?ここで三原色の話したんだったかな?忘れました…。

 

●忘れた続きで、この日の「もしもーし」は、どのタイミングでやってたか忘れた。

 

●運動会の話。

和 「運動会ではおかげさまで二連勝しました」

吉 「赤は二連敗だからフルーツもらえなかった」

和 「昼は別のもらいまして。プリンみたいなのです。マンゴープリン。すごくおいしかったよ(大輝くんに向かって)」

吉 「いいなぁ…」

和 「すごくおいしくてね、半分裕太にあげました。あと半分は勇輝にあげたから、実は一口くらいしか食べてないんです」

まじか!(笑) かわいい息子2人が食べられないのを、かわいそうに思ってあげたんだろうな。いいお父さんだな~。

 

●映画祭でいつも沢山の客に来てもらってると喜びの和田部長。

和 「この映画祭は、不動峰から始まって、どこも沢山のお客さんに来ていただけて、「今日も満席ですよ」って毎回言われまして、とても嬉しく思っています」

ごめん、京都は今日も満席ではなかった。
というか、不動峰やルド吹もそんなに客多かったんだ!京都は空席だらけだったのに!?

和 「お客さんの数で三津谷と争ってるんです」

そんなことやってらしたんですか。そしてそれはみちゅとだけなんでしょうか。

 

●この時点では私はDVDでそこまで確認出来てなかったんですが、六角DVDで和田部長が、試合中の上鶴くんに合図送ってたり、袖でリメンバーを踊ってる件について話してくれました。

和 「今回、僕は青学の皆と一緒に試合の場には出ていなかったのですが、袖から桃城と河村(役名じゃなくてキャスト名言ってたかも)の試合の時に、『がんばれよ!』(握りこぶし作って合図)ってやったりしてまして、それに答えて(握りこぶしを)返してくれたりもしてました。リメンバーを袖で踊ってるのもバックステージにバッチリ映ってましたね(笑)。『待ってろよ、手塚!』と言った時のツネの顔が僕は好きで…、あの時のツネの顔が本当に好きで(何故か2回言った。大事なことだったのか?)、跡部と手塚はライバルであり、友でもあると思います(とか何とか)」

その後、DVDにて確認。たしかにわざわざ移動してまでツネくん見ようとしてたわ、和田部長。

 

●和田部長が立海公演について優しくアピール。
優しくっていうのはどういうことかというと、ガツガツした感じで「是非観に来てね!」というのではなく、「よろしければ観に来て下さい」というような穏やかな言い方。
この穏やかな喋り口調が好きだな、個人的に。

しかし…、

和 「この立海公演で卒業となります。大阪公演もあります。今日がチケット発売なので…」

というようなことをおっしゃたのですが、この時点でもうとっくに売り切れてるんじゃないのか…?、と思ったらやっぱり即完売だったらしいですよ、部長。
私も本当は一般で12日のチケ取り頑張ろうと思ってたけど、映画祭があるからあきらめたんだ。

 

これでやっと映画祭レポが全部終わった~!次は立海公演レポですね。
立海大阪初日公演の感想も、出来れば大阪楽日までには書き上げたいと思います。
…と思ったが、過去のレポ見てみたら氷帝PVのこと書いてないわ、書き残しはあるわでまだ終わってなかった!
え~と、書けたらまた今度書きます。本日は以上!

| | コメント (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年10月 »